日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アプライアンスノードをクローニングする

寄稿者

ソースノード(交換するアプライアンス)とターゲット(新規)アプライアンスの間でデータを転送するには、クローニングプロセスに数日かかることがあります。

必要なもの
  • 互換性のあるターゲットアプライアンスをキャビネットまたはラックに設置し、すべてのケーブルを接続し、電源を投入しておきます。

  • 交換用アプライアンスの StorageGRID アプライアンスインストーラのバージョンが StorageGRID システムのソフトウェアバージョンと同じであることを確認し、必要に応じて StorageGRID アプライアンスインストーラファームウェアをアップグレードしておきます。

  • StorageGRID 接続、 SANtricity System Manager (ストレージアプライアンスのみ)、 BMC インターフェイスの設定を含めて、ターゲットアプライアンスを設定しておきます。

    • StorageGRID 接続を設定する場合は、一時的な IP アドレスを使用します。

    • ネットワークリンクを設定する場合は、最終的なリンク設定を使用します。

注記 ターゲットアプライアンスの初期構成が完了したあとは、 StorageGRID アプライアンスインストーラを開いたままにしておきます。ノードのクローニングプロセスを開始したあとに、ターゲットアプライアンスのインストーラページに戻ります。

StorageGRID ネットワークのパフォーマンスとデータの可用性を維持するために、クローニングするアプライアンスノードは一度に 1 つだけにしてください。

手順
  1. クローニングするソースノードをメンテナンスモードにします

  2. ソースノードの StorageGRID アプライアンスインストーラのホームページの [ インストール ] セクションで、 [ * クローン作成を有効にする * ] を選択します。

    ソースノードでクローニングを有効にします

    Primary Admin Node connection セクションが Clone target node connection セクションに置き換えられました。

    ターゲットノードの接続セクションをクローニングする
  3. 「 * クローンターゲットノード IP * 」には、クローンデータ転送トラフィックに使用するネットワークのターゲットノードに割り当てられた一時的な IP アドレスを入力し、「 * 保存 * 」を選択します。

    通常はグリッドネットワークの IP アドレスを入力しますが、データ転送トラフィックのクローニングに別のネットワークを使用する必要がある場合は、そのネットワークのターゲットノードの IP アドレスを入力します。

    注記 1GbE 管理ネットワークを使用したクローニングでデータ転送を行うと、クローニングに時間がかかります。

    ターゲットアプライアンスの設定と検証が完了すると、インストールセクションのソースノードで * クローニングの開始 * が有効になります。

    クローニングを開始します

    クローニングを妨げる問題が存在する場合は、 * クローニングの開始 * が有効になっておらず、解決が必要な問題が * 接続状態 * として表示されます。これらの問題は、ソースノードとターゲットアプライアンスの両方の StorageGRID アプライアンスインストーラのホームページに記載されています。一度に表示される問題 は 1 つだけで、条件の変化に応じて状態が自動的に更新されます。クローニングの開始 * を有効にするために、すべてのクローニングの問題を解決してください。

    クローニングの開始 * が有効になっている場合、 * 現在の状態 * は、トラフィックのクローニングに選択された StorageGRID ネットワークと、そのネットワーク接続の使用に関する情報を示します。

  4. ソースノードで * クローニングを開始 * を選択します。

  5. ソースノードまたはターゲットノードで StorageGRID アプライアンスインストーラを使用して、クローニングの進行状況を監視します。

    ソースノードとターゲットノードの両方で StorageGRID アプライアンスインストーラのステータスが同じであることを確認します。

    クローニングの進捗状況

    クローニングの監視ページでは、クローニングプロセスの各ステージについて詳細な進捗状況を確認できます。

    • * クローンピア関係の確立 * に、クローニングのセットアップと設定の進捗状況が表示されます。

    • * このノードから別のノードをクローニングする * と、データ転送の進捗状況が表示されます。(クローニング処理のこの処理は、完了までに数日かかることがあります)。

    • * クローンノードをアクティブ化してこのノードをオフラインのままにする * は、データ転送が完了したあとに、ターゲットノードに制御を移行してインストール前の状態に移行する処理の進捗状況を示します。

  6. クローニングが完了する前にクローニングプロセスを終了してソースノードをサービスに戻す必要がある場合は、ソースノードで StorageGRID アプライアンスインストーラのホームページに移動し、 * アドバンスト * > * コントローラのリブート * を選択して、 * StorageGRID * でリブートするを選択します。

    クローニングプロセスが終了した場合は、次の手順を実行し

    • ソースノードがメンテナンスモードを終了し、 StorageGRID に再び参加します。

    • ターゲットノードはインストール前の状態のままになります。ソースノードのクローニングを再開するには、手順 1 からクローニングプロセスを再開します。

クローニングが正常に完了した場合:

  • ソースノードとターゲットノードで IP アドレスが入れ替わります。

    • これで、ターゲットノードで、グリッドネットワーク、管理ネットワーク、クライアントネットワークのソースノードに割り当てられていた IP アドレスが使用されるようになります。

    • ソースノードで、最初にターゲットノードに割り当てられた一時的な IP アドレスが使用されるようになります。

  • ターゲットノードはメンテナンスモードを終了し、ソースノードに代わって StorageGRID に参加します。

  • ソースアプライアンスは、以前と同様に事前にインストールされた状態になります 再インストールのための準備をした

注記 アプライアンスがグリッドに再参加しない場合は、ソースノードの StorageGRID アプライアンスインストーラのホームページで * アドバンスト * > * コントローラのリブート * を選択し、 * メンテナンスモードでリブート * を選択します。ソースノードが保守モードでリブートしたら、手順 のクローニングを繰り返します。

ターゲットノードで想定外の問題 が発生した場合、ユーザデータはリカバリオプションとしてソースアプライアンスに残ります。ターゲットノードが StorageGRID に正常に再参加すると、ソースアプライアンスのユーザデータは古くなり、不要になります。必要に応じて、 StorageGRID サポートにソースアプライアンスのクリアを依頼して、このデータを削除してください。

可能です

  • 追加のクローニング処理では、ソースアプライアンスをターゲットとして使用します。追加の設定は必要ありません。このアプライアンスには、最初のクローンターゲット用に指定された一時的な IP アドレスがすでに割り当てられています。

  • ソースアプライアンスを新しいアプライアンスノードとして設置し、セットアップする。

  • ソースアプライアンスが StorageGRID で使用されなくなった場合は、破棄します。