日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

バケットのオブジェクトのバージョン管理を変更する

S3 テナントを使用している場合は、テナントマネージャまたはテナント管理 API を使用して、 S3 バケットのバージョン管理の状態を変更できます。

必要なもの
  • Tenant Manager にはを使用してサインインします サポートされている Web ブラウザ

  • Manage All Buckets 権限または Root Access 権限を持つユーザグループに属している必要があります。これらの権限は、グループまたはバケットポリシーの権限の設定よりも優先されます。

バケットでオブジェクトのバージョン管理を有効または一時停止することができます。バケットでバージョン管理を有効にすると、バージョン管理に対応していない状態に戻ることはできません。ただし、バケットのバージョン管理は一時停止できます。

  • 無効 : バージョン管理は一度も有効になっていません

  • 有効:バージョン管理が有効になっています

  • 中断:バージョン管理は以前有効になっていて、中断されています

手順
  1. ストレージ( S3 ) * > * バケット * を選択します。

  2. リストからバケット名を選択します。

  3. * バケットオプション * > * オブジェクトバージョン管理 * を選択します。

    バケット変更オブジェクトのバージョン管理
  4. このバケット内のオブジェクトのバージョン管理の状態を選択します。

    注記 S3 オブジェクトのロックまたはレガシーのコンプライアンスが有効になっている場合、 * オブジェクトのバージョン管理 * オプションは無効になります。
    オプション 説明

    バージョン管理を有効にする

    このバケット内の各オブジェクトのすべてのバージョンを格納する場合は、オブジェクトのバージョン管理を有効にします。そのあと、必要に応じて以前のバージョンのオブジェクトを読み出すことができます。

    バケットにすでに含まれていたオブジェクトは、ユーザによる変更時にバージョン管理されます。

    バージョン管理を一時停止

    新しいオブジェクトバージョンを作成しない場合は、オブジェクトのバージョン管理を一時停止します。既存のオブジェクトバージョンは引き続き取得できます。

  5. 「変更を保存」を選択します。