日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Linux :ノードにトランクインターフェイスまたはアクセスインターフェイスを追加します

寄稿者

Linux ノードをインストールしたあとで、そのノードにトランクインターフェイスまたはアクセスインターフェイスを追加できます。追加したインターフェイスは、 VLAN インターフェイスのページと HA グループのページに表示されます。

必要なもの
重要 ソフトウェアのアップグレード、リカバリ手順 、または拡張手順 がアクティブな間は、ノードにインターフェイスを追加しないでください。

ノードのインストール後に Linux ノードに 1 つ以上のインターフェイスを追加するには、次の手順を実行します。たとえば、管理ノードまたはゲートウェイノードにトランクインターフェイスを追加して、 VLAN インターフェイスを使用して複数のアプリケーションまたはテナントに属するトラフィックを分離できます。または、ハイアベイラビリティ( HA )グループで使用するアクセスインターフェイスを追加することもできます。

トランクインターフェイスを追加する場合は、 StorageGRID で VLAN インターフェイスを設定する必要があります。アクセスインターフェイスを追加する場合は、 HA グループに直接追加できます。 VLAN インターフェイスを設定する必要はありません。

インターフェイスを追加するときは、ノードを一時的に使用できなくなります。この手順 は一度に 1 つのノードで実行する必要があります。

手順
  1. ノードをホストしている Linux サーバにログインします。

  2. vim や pico などのテキストエディタを使用して、ノード構成ファイルを編集します。

    /etc/storagegrid/nodes/ _node-name _.conf

  3. ファイルにエントリを追加して名前を指定し、必要に応じて、ノードに追加する各インターフェイスの概要 を指定します。次の形式を使用します。

    interfaces_target_nnnn = value

    _nnnnnn _ の場合、追加する「 interfaces_target 」エントリごとに一意の番号を指定します。

    value _ には、ベアメタルホスト上の物理インターフェイスの名前を指定します。その後、必要に応じて、カンマを追加してインターフェイスの概要 を指定します。このインターフェイスは、 VLAN インターフェイスのページと HA グループのページに表示されます。

    例:

    interfaces_target_01= ens256, Trunk

    重要 他のネットワークパラメータを指定しないでください。検証エラーが発生します。
  4. 次のコマンドを実行して、ノード構成ファイルに対する変更を検証します。

    sudo StorageGRID node VALIDATE_NODE-NAME_`

    エラーや警告がある場合は、次の手順に進む前に対処してください。

  5. 次のコマンドを実行して、ノードの設定を更新します。

    sudo StorageGRID node reload_node-name_

完了後