日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

E5600SG コントローラの交換

寄稿者

E5600SG コントローラの交換が必要となる場合があります。

次のリソースにアクセスできる必要があります。

  • E シリーズハードウェアの交換に関する the NetApp Support Site at + の情報http://mysupport.netapp.com/["mysupport.netapp.com"^]

  • E5600 に関するサポートサイトのドキュメント

  • アプライアンスは次のようになりました メンテナンスモードにしました

両方のコントローラが動作していて通常の方法でシャットダウンできる場合は、まず E5600SG コントローラをシャットダウンして E2700 コントローラへの接続を中断できます。

注記 StorageGRID ソフトウェアをインストールする前にコントローラを交換すると、この手順 の完了後すぐに StorageGRID アプライアンスインストーラにアクセスできない場合があります。アプライアンスと同じサブネット上の他のホストから StorageGRID アプライアンスインストーラにアクセスすることはできますが、他のサブネット上のホストからはアクセスできません。この状態は 15 分以内に(元のコントローラのいずれかの ARP キャッシュエントリがタイムアウトした時点で)自動的に解消されます。あるいは、古い ARP キャッシュエントリをローカルルータまたはゲートウェイから手動でパージすれば、すぐにこの状態を解消できます。
手順
  1. 静電気防止処置を施します。

  2. 再接続するときにわかるように、 E5600SG コントローラに接続されている各ケーブルにラベルを付けます。

    重要 パフォーマンスの低下を防ぐために、ケーブルをねじったり、折り曲げたり、はさんだり、踏みつけたりしないでください。ケーブルを曲げないでください。半径が 5cm 以上になるようにしてください。
  3. アプライアンスがメンテナンスモードになったら、 E5600SG コントローラをシャットダウンします。

    1. グリッドノードにログインします。

      1. 次のコマンドを入力します。 ssh admin@_grid_node_name

      2. 「 passwords.txt 」ファイルに記載されたパスワードを入力します。

      3. root に切り替えるには、次のコマンドを入力します

      4. 「 passwords.txt 」ファイルに記載されたパスワードを入力します。

        root としてログインすると、プロンプトは「 $` 」から「 #」 に変わります。

    2. E5600SG コントローラをシャットダウンします。 +*shutdown-h now *

  4. エンクロージャの電源をオフにし、コントローラの背面にあるすべての LED とデジタル表示ディスプレイの動作が停止するまで待ちます。

  5. ケーブルを取り外します。

  6. E5600SG コントローラのドキュメントの説明に従って、コントローラを取り外します。

  7. E5600SG コントローラのドキュメントの説明に従って、新しいコントローラを挿入します。

  8. すべてのケーブルを交換します。

  9. エンクロージャの電源を再度オンにします。

  10. デジタル表示のコードを監視します。

    • E2700 コントローラ:

      LED の最終状態は '99' です

    • E5600SG コントローラ:

      最後の LED の状態は「 ha 」です。

  11. Grid Manager で、アプライアンスストレージノードのステータスを監視します。

    アプライアンスストレージノードが想定されるステータスに戻ったことを確認します。