日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ホットフィックスの適用に関する考慮事項

寄稿者

ホットフィックスを適用すると、 StorageGRID システム内のノードにソフトウェア更新が累積的に適用されます。

別のメンテナンス手順 の実行中は、 StorageGRID ホットフィックスを適用できません。たとえば、運用停止、拡張、またはリカバリ用の手順 の実行中は、ホットフィックスを適用できません。

注記 ノードまたはサイトの運用停止手順 が一時停止されている場合、ホットフィックスを安全に適用できます。また、 StorageGRID アップグレード手順 の最終段階でホットフィックスを適用できる場合があります。詳細については、 StorageGRID ソフトウェアのアップグレード手順を参照してください。

Grid Manager でホットフィックスをアップロードすると、ホットフィックスはプライマリ管理ノードに自動的に適用されます。その後、 StorageGRID システム内の残りのノードへのホットフィックスの適用を承認できます。

1 つ以上のノードへのホットフィックスの適用に失敗した場合は、ホットフィックスの進捗状況テーブルの Details 列に障害の理由が表示されます。エラーの原因となった問題を解決してから、プロセス全体を再試行する必要があります。ホットフィックスの適用に成功していたノードは、以降のアプリケーションではスキップされます。必要に応じて、すべてのノードが更新されるまで、ホットフィックスの適用を何度でも安全に再試行できます。アプリケーションを完了するには、すべてのグリッドノードにホットフィックスが正常にインストールされている必要があります。

新しいバージョンのホットフィックスによってグリッドノードが更新されますが、ホットフィックスの実際の変更内容が、特定のタイプのノードの特定のサービスにしか影響しない場合があります。たとえば、あるホットフィックスが、ストレージノード上の LDR サービスにしか影響しない場合があります。

リカバリと拡張のためのホットフィックスの適用方法

ホットフィックスがグリッドに適用されると、プライマリ管理ノードは、リカバリ処理でリストアされたすべてのノード、または拡張時に追加されたすべてのノードに、同じバージョンのホットフィックスを自動的にインストールします。

ただし、プライマリ管理ノードのリカバリが必要な場合は、適切な StorageGRID リリースを手動でインストールしてからホットフィックスを適用する必要があります。プライマリ管理ノードの最終 StorageGRID バージョンがグリッド内の他のノードと同じである必要があります。

次の例は、プライマリ管理ノードをリカバリする際にホットフィックスを適用する方法を示しています。

  1. グリッドで StorageGRID 11.A.B_VERSION が実行されており、最新のホットフィックスが適用されているとします。「 Grid バージョン」は 11._A.B.C. です。

  2. プライマリ管理ノードに障害が発生した場合。

  3. プライマリ管理ノードを StorageGRID 11.A.B_ を使用して再導入し、リカバリ手順 を実行します。

    注記 グリッドのバージョンに応じて、ノードの導入時にマイナーリリースを使用できます。メジャーリリースを最初に導入する必要はありません。
  4. 次に、プライマリ管理ノードにホットフィックス 11.A.B.C. を適用します。