日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

拡張後の設定手順

寄稿者

拡張が完了したら、統合と設定のための追加の手順を実行する必要があります。

拡張で追加するグリッドノードに応じて、次の表の設定タスクを実行する必要があります。システムのインストールや管理の作業で選択したオプションのほか、拡張で追加したグリッドノードの設定方法によっては、省略可能なタスクもあります。

手順
  1. ストレージノードを追加した場合は、次の設定タスクを実行します。

    1. ILM ルールで使用されているストレージプールを確認して、新しいストレージが使用されるようにします。を参照してください ILM を使用してオブジェクトを管理する

      • サイトを追加した場合は、そのサイトのストレージプールを作成し、新しいストレージプールを使用する ILM ルールを更新します。

      • 既存のサイトにストレージノードを追加した場合は、新しいノードが正しいストレージグレードを使用していることを確認します。

        注記 デフォルトでは、新しいストレージノードが All Storage Nodes ストレージグレードに割り当てられ、そのグレードを使用するストレージプールに追加されます。新しいノードでカスタムのストレージグレードを使用する場合は、そのノードをカスタムグレードに手動で割り当てる必要があります( * ILM * > * ストレージグレード * )。
    2. ストレージノードがオブジェクトを取り込んでいることを確認する。を参照してください ストレージノードがアクティブであることを確認します

    3. イレイジャーコーディングデータのリバランシングを行います(推奨数のストレージノードを追加できなかった場合のみ)。を参照してくださいストレージノードの追加後にイレイジャーコーディングデータをリバランシングします

  2. ゲートウェイノードを追加した場合は、次の設定作業を行います。

    • クライアント接続にハイアベイラビリティ( HA )グループが使用される場合は、必要に応じてゲートウェイノードを HA グループに追加します。既存の HA グループのリストを確認して新しいノードを追加するには、 * configuration * > * Network * > * High Availability groups * を選択します。を参照してください StorageGRID の管理

  3. 管理ノードを追加した場合は、次の設定タスクを実行します。

    1. StorageGRID システムでシングルサインオン( SSO )が有効になっている場合は、新しい管理ノードの証明書利用者信頼を作成します。この証明書利用者信頼を作成するまで、ノードにサインインすることはできません。を参照してくださいシングルサインオンを設定します

    2. 管理ノードでロードバランササービスを使用する場合は、必要に応じて新しい管理ノードを HA グループに追加します。既存の HA グループのリストを確認して新しいノードを追加するには、 * configuration * > * Network * > * High Availability groups * を選択します。を参照してください StorageGRID の管理

    3. 必要に応じて、管理ノードデータベースをプライマリ管理ノードから拡張管理ノードにコピーします。これは、各管理ノードで属性と監査の情報の整合性を維持する場合に行います。を参照してください 管理ノードデータベースをコピーします

    4. 必要に応じて、 Prometheus データベースをプライマリ管理ノードから拡張管理ノードにコピーします。これは、各管理ノードで指標の履歴の整合性を維持する場合に行います。を参照してください Prometheus 指標をコピーする

    5. 必要に応じて、既存の監査ログをプライマリ管理ノードから拡張管理ノードにコピーします。これは、各管理ノードでログの履歴情報の整合性を維持する場合に行います。を参照してください 監査ログをコピーする

    6. 必要に応じて、 NFS または CIFS ファイル共有を通じて、監査を目的としたシステムへのアクセスを設定します。を参照してください StorageGRID の管理

      注記 CIFS / Samba を使用した監査エクスポートは廃止されており、 StorageGRID の今後のリリースで削除される予定です。
    7. 必要に応じて、通知の優先送信者を変更します。拡張管理ノードを優先送信者にすることができます。設定を更新しない場合は、優先送信者として設定された既存の管理ノードから引き続き、 AutoSupport メッセージ、 SNMP 通知、アラート E メール、アラーム E メール(従来のシステム)などの通知が送信されます。を参照してください StorageGRID の管理

  4. アーカイブノードを追加した場合は、次の設定タスクを実行します。

    1. アーカイブノードからターゲットの外部アーカイブストレージシステムへの接続を設定します。拡張が完了すると、 * ARC * > * Target * コンポーネントを通じて接続情報を設定するまで、アーカイブノードはアラーム状態になります。を参照してください StorageGRID の管理

    2. 新しいアーカイブノードを介してオブジェクトデータをアーカイブするように ILM ポリシーを更新します。を参照してください ILM を使用してオブジェクトを管理する

    3. アーカイブノードからオブジェクトデータを読み出す速度と効率を監視する属性に対してカスタムアラームを設定します。を参照してください StorageGRID の管理

  5. 拡張ノードが信頼されていないクライアントネットワークで追加されたかどうかを確認する方法、またはノードのクライアントネットワークが信頼されていないかどうかを変更する方法については、 * configuration * > * Network * > * Untrusted Client Network * を参照してください。

    拡張ノードのクライアントネットワークが信頼されていない場合は、ロードバランサエンドポイントを使用してクライアントネットワークのノードへの接続を確立する必要があります。を参照してください StorageGRID の管理

  6. Domain Name System ( DNS ;ドメインネームシステム)を設定します。

    DNS 設定をグリッドノードごとに個別に指定していた場合は、新しいノード用のノード単位のカスタム DNS 設定を追加する必要があります。を参照してください 単一のグリッドノードの DNS 設定を変更します

    各サイトからローカルでアクセスできる DNS サーバをグリッド全体の DNS サーバリストにいくつか含めることを推奨します。新しいサイトを追加した場合は、そのサイト用の新しい DNS サーバをグリッド全体の DNS 設定に追加します。

    重要 DNS サーバの IPv4 アドレスは 2~6 個指定します。ネットワーク分離が発生した場合に各サイトがローカルにアクセスできる DNS サーバを選択する必要があります。これにより、分離されたサイトは引き続き DNS サービスにアクセスできます。グリッド全体の DNS サーバリストを設定したあとに、ノードごとに DNS サーバリストをカスタマイズできます。詳細については、を参照してください 単一のグリッドノードの DNS 設定を変更します
  7. 新しいサイトを追加した場合は、そのサイトから Network Time Protocol ( NTP ;ネットワークタイムプロトコル)サーバにアクセスできることを確認します。を参照してください NTP サーバを設定する

    重要 各サイトの少なくとも 2 つのノードが、少なくとも 4 つの外部 NTP ソースにアクセスできることを確認します。NTP ソースにアクセスできるノードがサイトに 1 つしかないと、そのノードがダウンした場合にタイミングの問題が生じます。また、各サイトで 2 つのノードをプライマリ NTP ソースとして指定することにより、サイトがグリッドの他の部分から分離されても、正確なタイミングが保証されます。