日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NTP サーバを設定する

寄稿者

StorageGRID システムのグリッドノード間でデータが正確に同期されるようにするには、 Network Time Protocol ( NTP ;ネットワークタイムプロトコル)サーバを追加、更新、または削除します。

必要なもの
  • を使用して Grid Manager にサインインする必要があります サポートされている Web ブラウザ

  • Maintenance または Root Access 権限が必要です。

  • プロビジョニングパスフレーズが必要です。

  • 設定する NTP サーバの IPv4 アドレスを確認しておく必要があります。

StorageGRID システムは、 Network Time Protocol ( NTP ;ネットワークタイムプロトコル)を使用して、グリッド内のすべてのグリッドノード間で時刻を同期します。

各サイトでは、 StorageGRID システムの少なくとも 2 つのノードにプライマリ NTP ロールが割り当てられます。推奨される最低 4 つ、最大 6 つの外部時間ソース、および相互に同期します。StorageGRID システムのプライマリ NTP ノード以外のノードは、すべて NTP クライアントとして機能し、プライマリ NTP ノードと同期されます。

外部 NTP サーバは、以前にプライマリ NTP ロールを割り当てていたノードに接続されます。このため、プライマリ NTP ロールが割り当てられたノードを少なくとも 2 つ指定することを推奨します。

重要 各サイトの少なくとも 2 つのノードが、少なくとも 4 つの外部 NTP ソースにアクセスできることを確認します。NTP ソースにアクセスできるノードがサイトに 1 つしかないと、そのノードがダウンした場合にタイミングの問題が生じます。また、各サイトで 2 つのノードをプライマリ NTP ソースとして指定することにより、サイトがグリッドの他の部分から分離されても、正確なタイミングが保証されます。

指定する外部 NTP サーバは、 NTP プロトコルを使用している必要があります。時間のずれに伴う問題を防ぐには、 Stratum 3 以上の NTP サーバ参照を指定する必要があります。

注記 本番レベルの StorageGRID インストール環境で外部 NTP ソースを指定する場合は、 Windows Server 2016 より前のバージョンの Windows で Windows Time ( W32Time )サービスを使用しないでください。以前のバージョンの Windows のタイムサービスは精度が十分でないため、 StorageGRID などの高精度環境での使用は Microsoft でサポートされていません。

インストール時に指定した最初の NTP サーバの安定性や可用性に問題が生じた場合は、サーバの追加や既存のサーバの更新や削除を行って、 StorageGRID システムが使用する外部 NTP ソースのリストを更新できます。

手順
  1. [* maintenance * (メンテナンス) ] > [* Network * ( * ネットワーク * ) ] > [* NTP servers * ( * NTP サーバー

  2. 必要に応じて、 Servers セクションで、アップデートを追加するか、 NTP サーバエントリを削除します。

    NTP サーバは少なくとも 4 つ指定する必要があり、最大で 6 つまで指定できます。

  3. [ * プロビジョニングパスフレーズ * ] テキストボックスに、 StorageGRID システムのプロビジョニングパスフレーズを入力し、 [ * 保存 * ] をクリックします。

    手順 のステータスは、ページの上部に表示されます。設定の更新が完了するまで、ページは無効になります。

    重要 新しい NTP サーバを保存したあとに、すべての NTP サーバで接続テストが失敗した場合は、次の手順に進まないでください。テクニカルサポートにお問い合わせください。