日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

すべてのグリッドノードタイプ: VMware ノードを交換します

寄稿者

VMware でホストされていた障害 StorageGRID ノードをリカバリする場合は、障害ノードを削除してリカバリノードを導入する必要があります。

仮想マシンをリストアできず、交換しなければならないことを確認しておく必要があります。

VMware vSphere Web Client を使用して、最初に障害グリッドノードに関連付けられた仮想マシンを削除します。その後、新しい仮想マシンを導入できます。

この手順 は、グリッドノードのリカバリプロセスの一部です。ノードの削除と導入の手順 は、管理ノード、ストレージノード、ゲートウェイノード、アーカイブノードを含むすべての VMware ノードで同じです。

手順
  1. VMware vSphere Web Client にログインします。

  2. 障害が発生したグリッドノード仮想マシンに移動します。

  3. リカバリノードを導入するために必要なすべての情報をメモしておきます。

    1. 仮想マシンを右クリックし、 * 設定の編集 * タブを選択して、使用中の設定を確認します。

    2. [* vApp Options* ] タブを選択して、グリッドノードのネットワーク設定を表示し、記録します。

  4. 障害グリッドノードがストレージノードである場合は、データストレージに使用されている仮想ハードディスクが破損していないかどうかを確認し、リカバリされたグリッドノードへの再接続に備えて保持しておきます。

  5. 仮想マシンの電源をオフにします。

  6. 仮想マシンを削除するには、 * Actions * > * All vCenter Actions * > * Delete from Disk * を選択します。

  7. 新しい仮想マシンを交換用ノードとして導入し、 1 つ以上の StorageGRID ネットワークに接続します。

    ノードを導入する際には、必要に応じてノードポートを再マッピングしたり、 CPU やメモリの設定を増やしたりできます。

    注記 新しいノードを導入したら、ストレージ要件に従って新しい仮想ディスクを追加し、以前に削除した障害グリッドノードから保存した仮想ハードディスクを再接続するか、またはその両方を実行します。

    手順:

    VMware をインストールする > 仮想マシンとしての StorageGRID ノードの導入

  8. リカバリするノードのタイプに応じて、ノードのリカバリ手順 を実行します。

    ノードのタイプ に進みます

    プライマリ管理ノード

    非プライマリ管理ノード

    [ リカバリの開始 を選択して、非プライマリ管理ノードを設定します]

    ゲートウェイノード

    ストレージノード

    アーカイブノード