日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

インストール情報( SG100 および SG1000 )の収集

寄稿者

StorageGRID アプライアンスを設置および設定する際に、イーサネットスイッチポート、 IP アドレス、およびポートとネットワークのボンディングモードについて決定し、関連情報を収集する必要があります。アプライアンスに接続する各ネットワークの必要な情報を記録します。これらの値は、ハードウェアの設置と設定に必要です。

管理ポートとメンテナンスポート

StorageGRID の管理ネットワークは、システムの管理とメンテナンスに使用するオプションのネットワークです。アプライアンスは、アプライアンス上の次の 1GbE 管理ポートを使用して管理ネットワークに接続します。

  • SG100 RJ-45 ポート *

丸で囲まれた SG100 RJ-45 ポート
  • SG1000 RJ-45 ポート *

SG1000 RJ-45 ポート
  • 管理および保守接続 *

必要な情報 あなたの価値

管理ネットワークが有効になりました

1 つ選択してください:

  • いいえ

  • ○(デフォルト)

ネットワークボンディングモード

1 つ選択してください:

  • Independent (デフォルト)

  • アクティブ / バックアップ

図の赤枠内左側のポートのスイッチポート( Independent ネットワークボンディングモードのデフォルトのアクティブポート)

図の赤枠内右側のポートのスイッチポート( Active-Backup ネットワークボンディングモードの場合のみ)

管理ネットワークポートの MAC アドレス

  • 注: * アプライアンス前面の MAC アドレス・ラベルには、 BMC 管理ポートの MAC アドレスが記載されています。管理ネットワークポートの MAC アドレスを特定するには、ラベルに記載された 16 進数に * 2 * を追加する必要があります。たとえば、ラベルに記載されている MAC アドレスの末尾が * 09 * の場合、管理ポートの MAC アドレスの末尾は * 0B * となります。ラベルに記載された MAC アドレスの末尾が * ( y) FF* の場合、管理ポートの MAC アドレスの末尾は * ( y+1 ) 01 * となります。この計算を簡単に行うには、 Windows で Calculator を開き、 Programmer モードに設定して Hex を選択し、 MAC アドレスを入力してから、 +2= と入力します。

DHCP によって割り当てられた管理ネットワークポートの IP アドレス(電源投入後に使用可能な場合)

  • 注: * DHCP によって割り当てられた IP アドレスは、 MAC アドレスを使用して特定できます。

  • IPv4 アドレス( CIDR ):

  • ゲートウェイ

管理ネットワークでアプライアンスノードに使用する静的 IP アドレス

  • 注: * ネットワークにゲートウェイがない場合は、同じ静的 IPv4 アドレスをゲートウェイに指定してください。

  • IPv4 アドレス( CIDR ):

  • ゲートウェイ

管理ネットワークのサブネット( CIDR )

ネットワークポート

アプライアンスの 4 つのネットワークポートは、 StorageGRID のグリッドネットワーク、およびオプションのクライアントネットワークに接続します。

  • ネットワーク接続 *

必要な情報 あなたの価値

リンク速度

SG100 の場合は、次のいずれかを選択します。

  • auto (デフォルト)

  • 10GbE の場合

  • 25GbE

SG1000 の場合は、次のいずれかを選択します。

  • auto (デフォルト)

  • 10GbE の場合

  • 25GbE

  • 40GbE

  • 100GbE

  • 注: SG1000 の場合、 10GbE および 25GbE の速度には QSA アダプタが必要です。

ポートボンディングモード

1 つ選択してください:

  • Fixed (デフォルト)

  • アグリゲート

ポート 1 のスイッチポート(固定モードのクライアントネットワーク)

ポート 2 のスイッチポート( Fixed モードのグリッドネットワーク)

ポート 3 のスイッチポート(固定モードのクライアントネットワーク)

ポート 4 のスイッチポート( Fixed モードのグリッドネットワーク)

Grid ネットワークポート

StorageGRID のグリッドネットワークは、内部のすべての StorageGRID トラフィックに使用される必須のネットワークです。アプライアンスは、 4 つのネットワークポートを使用してグリッドネットワークに接続します。

  • グリッドネットワーク接続 *

必要な情報 あなたの価値

ネットワークボンディングモード

1 つ選択してください:

  • Active-Backup (デフォルト)

  • LACP ( 802.3ad )

VLAN タギングが有効です

1 つ選択してください:

  • いいえ(デフォルト)

  • はい。

VLAN タグ( VLAN タギングが有効な場合)

0~4095 の値を入力してください:

電源投入後に使用可能な場合、 DHCP によってグリッドネットワークに割り当てられた IP アドレス

  • IPv4 アドレス( CIDR ):

  • ゲートウェイ

グリッドネットワークでアプライアンスノードに使用する静的 IP アドレス

  • 注: * ネットワークにゲートウェイがない場合は、同じ静的 IPv4 アドレスをゲートウェイに指定してください。

  • IPv4 アドレス( CIDR ):

  • ゲートウェイ

グリッドネットワークのサブネット( CIDRs )

Maximum Transmission Unit ( MTU ;最大転送単位)設定(オプション):デフォルト値の 1500 を使用するか、 9000 などのジャンボフレームに適した値に MTU を設定できます。

クライアントネットワークポート

StorageGRID のクライアントネットワークは、一般にグリッドへのクライアントプロトコルアクセスを可能にするために使用する、オプションのネットワークです。アプライアンスは、 4 つのネットワーク・ポートを使用してクライアント・ネットワークに接続します。

  • クライアントネットワーク接続 *

必要な情報 あなたの価値

クライアントネットワークが有効になりました

1 つ選択してください:

  • いいえ(デフォルト)

  • はい。

ネットワークボンディングモード

1 つ選択してください:

  • Active-Backup (デフォルト)

  • LACP ( 802.3ad )

VLAN タギングが有効です

1 つ選択してください:

  • いいえ(デフォルト)

  • はい。

VLAN タグ( VLAN タギングが有効な場合)

0~4095 の値を入力してください:

電源投入後に DHCP によってクライアントネットワークに割り当てられた IP アドレスがある場合は

  • IPv4 アドレス( CIDR ):

  • ゲートウェイ

クライアントネットワークでアプライアンスノードに使用する静的 IP アドレス

  • 注: * クライアントネットワークが有効な場合、アプライアンスのデフォルトルートにはここで指定したゲートウェイが使用されます。

  • IPv4 アドレス( CIDR ):

  • ゲートウェイ

BMC 管理ネットワークポート

サービスアプライアンスの BMC インターフェイスには、図の赤枠内にある 1GbE 管理ポートを使用してアクセスできます。このポートは、 Intelligent Platform Management Interface ( IPMI )標準を使用した、イーサネット経由でのコントローラハードウェアのリモート管理をサポートします。

  • SG100 BMC 管理ポート *

SG100 管理ポート
  • SG1000 BMC 管理ポート *

SG1000 の BMC 管理ポート
  • BMC 管理ネットワーク接続 *

必要な情報 あなたの価値

BMC 管理ポートに接続するイーサネットスイッチポート(赤枠内)

電源投入後に DHCP によって BMC 管理ネットワークに割り当てられた IP アドレスがある場合は

  • IPv4 アドレス( CIDR ):

  • ゲートウェイ

BMC 管理ポートに使用する静的 IP アドレス

  • IPv4 アドレス( CIDR ):

  • ゲートウェイ