日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

グリッドノードを起動します

寄稿者

グリッドノードを完全にシャットダウンしたあとに起動する際は、次の手順を実行してください。

注意
必要なもの
グリッド全体が 15 日以上シャットダウンされている場合は、グリッドノードを起動する前にテクニカルサポートに連絡する必要があります。Cassandra データを再構築するリカバリ手順は実行しないでください。データが失われる可能性があります。

可能であれば、次の順序でグリッドノードの電源をオンにしてください。

  • 最初に管理ノードの電源をオンにします。

  • 最後にゲートウェイノードの電源をオンにします。

注記 ホストに複数のグリッドノードが含まれている場合は、ホストの電源をオンにすると各ノードが自動的にオンライン状態に戻ります。
手順
  1. プライマリ管理ノードと非プライマリ管理ノードのホストの電源をオンにします。

    注記 ストレージノードの再起動が完了するまで、管理ノードにログインすることはできません。
  2. すべてのアーカイブノードとストレージノードのホストの電源をオンにします。

    これらのノードは、どの順序で電源をオンにしてもかまいません。

  3. すべてのゲートウェイノードのホストの電源をオンにします。

  4. Grid Manager にサインインします。

  5. ノードを * 選択して、グリッドノードのステータスを監視します。ノード名の横にアラートアイコンが表示されていないことを確認します。

    ノードすべてのノードを緑で表示します