日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ILM ポリシーをシミュレートします

寄稿者

ポリシーをアクティブ化して本番環境のデータに適用する前に、テストオブジェクトでドラフトポリシーをシミュレートする必要があります。シミュレーション期間は、アクティブ化して本番環境のデータに適用する前にポリシーを安全にテストするための、スタンドアロン環境を提供します。

必要なもの
  • を使用して Grid Manager にサインインします サポートされている Web ブラウザ

  • 特定のアクセス権限が必要です。

  • テストする各オブジェクトの S3 バケット / オブジェクトキーまたは Swift コンテナ / オブジェクト名を確認しておき、それらのオブジェクトを取り込んでおく必要があります。

ドラフトポリシーをテストするオブジェクトは慎重に選択する必要があります。ポリシーを確実にシミュレートするには、各ルールのフィルタごとに少なくとも 1 つのオブジェクトをテストする必要があります。

たとえば、バケット A のオブジェクトに一致するルールとバケット B のオブジェクトに一致するルールを含むポリシーを確実にテストするためには、少なくともバケット A から 1 つとバケット B から 1 つオブジェクトを選択する必要があります。デフォルトルールをテストするには、別のバケットから少なくとも 1 つのオブジェクトを選択する必要もあります。

ポリシーをシミュレートする場合は、次の点を考慮します。

  • ポリシーを変更したら、ドラフトポリシーを保存します。次に、保存したドラフトポリシーの動作をシミュレートします。

  • ポリシーをシミュレートするとポリシー内の ILM ルールがテストオブジェクトをフィルタリングするため、各オブジェクトにどのルールが適用されたかを確認できます。ただし、オブジェクトのコピーは作成されず、配置もされません。シミュレーションを実行しても、データ、ルール、ポリシーはいっさい変更されません。

  • シミュレーションページでは、 ILM ポリシーページを閉じるか別のページに移動するか更新するまで、テストしたオブジェクトが保持されます。

  • シミュレーションは、一致したルールの名前を返します。どのストレージプールまたはイレイジャーコーディングプロファイルが有効かを確認するには、ルール名または詳細アイコンを選択して Retention Diagram を表示します 詳細アイコン

  • S3 のバージョン管理が有効な場合、ポリシーはオブジェクトの現在のバージョンに対してのみシミュレートされます。

手順
  1. ルールを選択して配置し、ドラフトポリシーを保存します。

    この例のポリシーには 3 つのルールがあります。

    ルール名 フィルタ コピーのタイプ 保持

    男性用

    • テナント A

    • ユーザメタデータ(シリーズ = x-men )

    2 つのデータセンターに 2 つのコピーを保持

    2 年

    PNGs

    キーの末尾は .png です

    2 つのデータセンターに 2 つのコピーを保持

    5 年

    2 つのコピーで 2 つのデータセンターを構成し

    _ なし _

    2 つのデータセンターに 2 つのコピーを保持

    永遠に

    ドラフトの ILM ポリシーを表示中
  2. S3 / Swift クライアントまたはを使用する Experimental S3 Console の略テナントごとに Tenant Manager で使用できるように、各ルールのテストに必要なオブジェクトを取り込みます。

  3. 「 * Simulate * 」を選択します。

    Simulation ILM Policy (シミュレーション ILM ポリシー)ダイアログボックスが表示されます。

  4. * Object * フィールドに、テストオブジェクトの S3 バケット / オブジェクトキーまたは Swift コンテナ / オブジェクト名を入力し、 * Simulate * を選択します。

    注記

    取り込まれていないオブジェクトを指定するとメッセージが表示されます。

    欠落オブジェクトを指定した場合に表示されるメッセージです
  5. [ * シミュレーション結果 * ( Simulation Results ) ] で、各オブジェクトが正しいルールに一致していることを確認します。

    この例では 'Havok.png' オブジェクトと Warpath.jpg` オブジェクトが 'X-men ルールに正しく一致しました。「 series = x - men 」ユーザメタデータを含まない「 Fullsteam .png 」オブジェクトは「 X-men 」ルールには一致しませんでしたが、「 PNGs 」ルールに正しく一致しました。3 つのオブジェクトがすべて他のルールに一致したため、デフォルトルールは使用されませんでした。

    シミュレーション結果

例 1 :ドラフトの ILM ポリシーをシミュレートしてルールを確認する

この例は、ドラフトポリシーをシミュレートしてルールを確認する方法を示しています。

この例では、 2 つのバケットに取り込まれたオブジェクトに対して * サンプルの ILM ポリシー * をシミュレートします。このポリシーには、次の 3 つのルールが含まれています。

  • 最初のルール「 * 2 copies 、 buckets-a * 」の 2 年間は、 bucket-a のオブジェクトにのみ適用されます

  • 2 番目のルール「 * EC objects > 1 MB * 、環境 all buckets] は 1MB を超えるオブジェクトをフィルタリングします。

  • 3 つ目のルール「 * 2 つのコピー、 2 つのデータセンター」はデフォルトルールです。フィルタは含まれず、参照時間を noncurrent に指定したものは使用しません。

シミュレーションの保存済みポリシー
手順
  1. ルールを追加してポリシーを保存したら、 * Simulate * を選択します。

    Simulate ILM Policy ダイアログボックスが表示されます。

  2. * Object * フィールドに、テストオブジェクトの S3 バケット / オブジェクトキーまたは Swift コンテナ / オブジェクト名を入力し、 * Simulate * を選択します。

    シミュレーション結果が表示され、ポリシー内のどのルールがテストした各オブジェクトに一致したかが示されます。

    [ ポリシーのシミュレート ] 画面
  3. 各オブジェクトが正しいルールに一致したことを確認します。

    次の例では、

    1. 「 bucket-a/buckets-a object.pdf 」は、「 bucket-a` のオブジェクトでフィルタリングする最初のルールに正しく一致しました。

    2. 「 bucket-b/ test object greater than 1 MB.pdf 」は「 bucket-b」 にあるため、最初のルールと一致しませんでした。代わりに、 1MB を超えるオブジェクトをフィルタリングする 2 つ目のルールに正しく一致しました。

    3. 「 bucket-b/ test object less than 1 MB.pdf 」は最初の 2 つのルールのフィルタに一致していないため、フィルタを含まないデフォルトルールによって配置されます。

例 2 :ドラフトの ILM ポリシーをシミュレートする際にルールの順序を変更する

この例では、ポリシーをシミュレートする際に、ルールの順序を変更して結果を変更する方法を示します。

この例では、 * Demo * ポリシーをシミュレートします。このポリシーの目的は次の 3 つのルールで、 series = x -men ユーザメタデータを含むオブジェクトを検索することです。

  • 最初のルール「 *PNGs * 」は、「 .png` 」で終わるキー名に対してフィルタを適用します。

  • 2 番目のルール「 * X-men * 」はテナント A のオブジェクトにのみ適用され、「 series = x - men 」ユーザメタデータに対してフィルタを適用します。

  • 最後のルール「 * 2 Copies 2 data centers * 」はデフォルトルールで、最初の 2 つのルールに一致しないオブジェクトに一致します。

例 2 :ドラフトの ILM ポリシーをシミュレートする際にルールの順序を変更する
手順
  1. ルールを追加してポリシーを保存したら、 * Simulate * を選択します。

  2. * Object * フィールドに、テストオブジェクトの S3 バケット / オブジェクトキーまたは Swift コンテナ / オブジェクト名を入力し、 * Simulate * を選択します。

    シミュレーション結果が表示され、「 Havok.png 」オブジェクトが * PNGs * ルールに一致したことが示されます。

    例 2 :ドラフトの ILM ポリシーをシミュレートする際にルールの順序を変更する

    しかし 'Havok.png' オブジェクトがテスト対象としたルールは *X-men * ルールでした。

  3. 問題 を解決するには、ルールの順序を変更します。

    1. 「 * Finish 」を選択して、 Simulate ILM Policy ページを閉じます。

    2. 「 * Edit * 」を選択して、ポリシーを編集します。

    3. 「 * X-men 」ルールをリストの先頭にドラッグします。

      シミュレーション - ルールの順序変更 - 正しいルール
    4. [ 保存( Save ) ] を選択します。

  4. 「 * Simulate * 」を選択します。

    以前にテストしたオブジェクトが更新したポリシーに照らして再評価され、新しいシミュレーション結果が表示されます。この例では、 Rule Matched 列に、「 Havok.png 」オブジェクトが想定どおりに「 X-men 」メタデータルールに一致していることが示されています。以前の一致列には、 PNGs ルールが以前のシミュレーションでオブジェクトに一致したことが示されます。

    例 2 :ドラフトの ILM ポリシーをシミュレートする際にルールの順序を変更する
    注記 [ ポリシーの設定 ] ページを開いたままにしておくと、テストオブジェクトの名前を再入力しなくても、変更後にポリシーを再シミュレートできます。

例 3 :ドラフトの ILM ポリシーをシミュレートしてルールを修正する

この例では、ポリシーをシミュレートしてポリシー内のルールを修正し、シミュレーションを続行する方法を示します。

この例では、 * Demo * ポリシーをシミュレートします。このポリシーの目的は 's-series=x-men' ユーザ・メタデータを持つオブジェクトを検索することですしかし ' このポリシーを Beast.jpg` オブジェクトに対してシミュレートすると ' 予期しない結果が発生しましたオブジェクトが「 X-men 」メタデータルールではなくデフォルトルールに一致しましたが、 2 つのデータセンターがコピーされています。

例 3 :ドラフトの ILM ポリシーをシミュレートする際にルールを修正する

テストオブジェクトがポリシー内の想定したルールに一致しない場合は、ポリシー内の各ルールを調べてエラーを修正する必要があります。

手順
  1. ポリシー内のルールごとに、ルール名または詳細アイコンを選択してルール設定を確認します 詳細アイコン をクリックします。

  2. ルールのテナントアカウント、参照時間、およびフィルタ条件を確認します。

    この例では、「 X-men 」ルールのメタデータにエラーがあります。メタデータ値は「 x-men. 」ではなく「 x-men1 」として入力されました。

    例 3 :ドラフトの ILM ポリシーをシミュレートする際にルールを修正する
  3. このエラーを解決するには、次のようにルールを修正します。

    • ルールがドラフトポリシーに含まれている場合は、ルールをクローニングするか、ポリシーから削除してポリシーを編集できます。

    • ルールがアクティブポリシーに含まれている場合は、ルールをクローニングする必要があります。アクティブポリシーのルールは編集または削除できません。

      オプション 説明

      ルールのクローンを作成します

      1. [* ILM*>* Rules] を選択します。

      2. 不正なルールを選択し、 * Clone * を選択します。

      3. 誤った情報を変更して、「 * 保存 * 」を選択します。

      4. 「 * ILM * > * Policies * 」を選択します。

      5. ドラフトポリシーを選択し、 * Edit * を選択します。

      6. [ * ルールの選択 * ] を選択します。

      7. 新しいルールのチェックボックスをオンにし、元のルールのチェックボックスをオフにして、 * 適用 * を選択します。

      8. [ 保存( Save ) ] を選択します。

      ルールを編集します

      1. ドラフトポリシーを選択し、 * Edit * を選択します。

      2. 削除アイコンを選択します 削除アイコン 誤ったルールを削除するには、 * 保存 * を選択します。

      3. [* ILM*>* Rules] を選択します。

      4. 不正なルールを選択し、 * 編集 * を選択します。

      5. 誤った情報を変更して、「 * 保存 * 」を選択します。

      6. 「 * ILM * > * Policies * 」を選択します。

      7. ドラフトポリシーを選択し、 * Edit * を選択します。

      8. 補正されたルールを選択し、 * 適用 * を選択して、 * 保存 * を選択します。

  4. もう一度シミュレーションを実行します。

    注記 ILM ポリシーページから移動してルールを編集したため、以前にシミュレーションで入力したオブジェクトは表示されなくなりました。オブジェクトの名前を再入力する必要があります。

    この例では、修正された「 X-men 」ルールが「 series = x -men 」ユーザメタデータに基づいて「 Beast.jpg` 」オブジェクトに一致するようになりました。

    例 3 :ドラフトの ILM ポリシーをシミュレートする際にルールを修正する