日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

PUT Bucket consistency 要求

寄稿者

PUT Bucket consistency 要求を使用すると、バケットで実行される処理に適用する整合性レベルを指定できます。

新たに作成したオブジェクトに対しては、リードアフターライト整合性を保証するようにデフォルトの整合性制御が設定されます。

この処理を完了するには、 s3 : PutBucketConsistency 権限または root アカウントが必要です。

リクエスト

x-ntap-sg-consistency パラメータには、次のいずれかの値を指定する必要があります。

整合性制御 説明

すべて

すべてのノードが即座にデータを受け取り、受け取れない場合は要求が失敗します。

strong-global

すべてのサイトのすべてのクライアント要求について、リードアフターライト整合性が保証されます。

strong-site

1 つのサイト内のすべてのクライアント要求について、リードアフターライト整合性が保証されます。

read-after-new-write の場合

(デフォルト)新規オブジェクトにはリードアフターライト整合性を、オブジェクトの更新には結果整合性を提供します。高可用性が確保され、データ保護が保証されます。Amazon S3 の整合性の保証に最も近い機能です。

  • 注:存在しないオブジェクトに対してアプリケーションが HEAD 要求を使用すると、使用できないストレージノードがあると「 500 Internal Server Error 」が大量に返される可能性があります。これらのエラーを回避するには、 Amazon S3 と同様の整合性の保証が必要でない限り、整合性制御を「 available 」に設定します。

available ( HEAD 処理は結果整合性)

「 read-after-new-write 」整合性レベルと動作は同じですが、 HEAD 処理については結果整合性のみを提供します。ストレージ・ノードが使用できない場合 ' リードアフター・新規ライトよりもヘッド操作の可用性が高くなりますAmazon S3 の整合性と異なるのは HEAD 処理のみです。

  • 注: * 一般的には、「 read-after-new-write 」整合性制御値を使用する必要があります。要求が正しく機能しない場合は、可能であればアプリケーションクライアントの動作を変更します。または、 API 要求ごとに整合性制御を指定するようにクライアントを設定します。バケットレベルの整合性制御は最後の手段と考えてください。

要求例

PUT /bucket?x-ntap-sg-consistency=strong-global HTTP/1.1
Date: date
Authorization: authorization string
Host: host