日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

オブジェクトメタデータの検索による ILM ポリシーの検証

寄稿者

ILM ポリシーをアクティブ化したら、そのポリシーを表すテストオブジェクトを StorageGRID システムに取り込む必要があります。次に、オブジェクトメタデータの検索を実行して、コピーが意図したとおりに作成され、正しい場所に配置されていることを確認します。

必要なもの
  • 次のいずれかのオブジェクト ID が必要です。

    • UUID :オブジェクトの Universally Unique Identifier です。UUID はすべて大文字で入力します。

    • * CBID * : StorageGRID 内のオブジェクトの一意の識別子。監査ログからオブジェクトの CBID を取得できます。CBID はすべて大文字で入力します。

    • * S3 のバケットとオブジェクトキー * :オブジェクトが S3 インターフェイスから取り込まれた場合、クライアントアプリケーションはバケットとオブジェクトキーの組み合わせを使用してオブジェクトを格納および識別します。S3 バケットがバージョン管理されている場合、バケットとオブジェクトキーを使用して S3 オブジェクトの特定のバージョンを検索するには、 * バージョン ID * が必要です。

    • * Swift のコンテナとオブジェクト名 * :オブジェクトが Swift インターフェイスから取り込まれた場合、クライアントアプリケーションはコンテナとオブジェクト名の組み合わせを使用してオブジェクトを格納および識別します。

手順
  1. オブジェクトを取り込みます。

  2. ILM * > * Object metadata lookup * を選択します。

  3. [ * 識別子 * ( * Identifier * ) ] フィールドにオブジェクトの識別子を入力します。UUID 、 CBID 、 S3 バケット / オブジェクトキー、または Swift コンテナ / オブジェクト名を入力できます。

  4. 必要に応じて、オブジェクトのバージョン ID を入力します( S3 のみ)。

    Object Lookup ページ
  5. 「 * 検索 * 」を選択します。

    オブジェクトメタデータの検索結果が表示されます。このページには、次の種類の情報が表示されます。

    • システムメタデータ(オブジェクト ID ( UUID )、オブジェクト名、コンテナの名前、テナントアカウントの名前または ID 、オブジェクトの論理サイズ、オブジェクトの作成日時、オブジェクトの最終変更日時など)。

    • オブジェクトに関連付けられているカスタムユーザメタデータのキーと値のペア。

    • S3 オブジェクトの場合、オブジェクトに関連付けられているオブジェクトタグのキーと値のペア。

    • レプリケートオブジェクトコピーの場合、各コピーの現在の格納場所。

    • イレイジャーコーディングオブジェクトコピーの場合、各フラグメントの現在の格納場所。

    • クラウドストレージプール内のオブジェクトコピーの場合、外部バケットの名前とオブジェクトの一意の識別子を含むオブジェクトの場所。

    • セグメント化されたオブジェクトとマルチパートオブジェクトの場合、セグメント ID とデータサイズを含むオブジェクトセグメントのリスト。100 個を超えるセグメントを持つオブジェクトの場合は、最初の 100 個のセグメントだけが表示されます。

    • 未処理の内部ストレージ形式のすべてのオブジェクトメタデータ。この未加工のメタデータには、リリース間で維持されるとはかぎらない内部のシステムメタデータが含まれます。

      次の例では、 2 つのレプリケートコピーとして格納された S3 テストオブジェクトのオブジェクトメタデータの検索結果が表示されています。

    オブジェクトの検索結果
  6. オブジェクトが正しい場所に格納され、コピーのタイプが正しいことを確認します。

    注記 監査オプションが有効になっている場合は、監査ログを監視して「 ORLM Object Rules Met 」というメッセージを探すこともできます。ORLM 監査メッセージからは、 ILM 評価プロセスのより詳細なステータスを確認できますが、オブジェクトデータの配置が正しいかどうかや、 ILM ポリシーが完全かどうかに関する情報は得られません。これは自分で評価する必要があります。詳細については、を参照してください 監査ログを確認します