日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

グリッドノードのリカバリに必要な項目を収集します

寄稿者

メンテナンス手順を実行する前に、障害グリッドノードのリカバリに必要な情報、ファイル、機器などが揃っていることを確認する必要があります。

項目 注:

StorageGRID インストールアーカイブ

グリッドノードをリカバリする必要がある場合は、が必要です StorageGRID インストールファイルをダウンロードします お使いのプラットフォームに対応。

  • 注: * ストレージノード上の障害ストレージボリュームをリカバリする場合、ファイルをダウンロードする必要はありません。

サービスラップトップ

サービスラップトップには次のものが必要です。

リカバリ・パッケージの .zip ファイル

最新のリカバリ・パッケージ '.zip ファイルのコピーを取得します( SGW -recovery-package --id-revision_.zip

「 .zip 」ファイルの内容は、システムが変更されるたびに更新されます。そのような変更を行うと、最新バージョンのリカバリパッケージを安全な場所に保管するよう求められます。グリッド障害からリカバリするには、最新のコピーを使用します。

プライマリ管理ノードが正常に動作している場合は、 Grid Manager からリカバリパッケージをダウンロードできます。[* maintenance * (メンテナンス) ] > [* System * (システム * ) ] > [* Recovery packツケ (リカバリパッケージ * )

Grid Manager にアクセスできない場合は、 ADC サービスが含まれる一部のストレージノードにリカバリパッケージの暗号化コピーがあります。各ストレージノードで、リカバリパッケージの場所を確認します。 /var/local/install/sgws -recovery-package -grid-id--revision_.zip .gp' リビジョン番号が最も大きいリカバリパッケージを使用します。

「 passwords.txt 」ファイル

コマンドラインでグリッドノードにアクセスするために必要なパスワードが含まれています。リカバリパッケージに含まれています。

プロビジョニングパスフレーズ

このパスフレーズは、 StorageGRID システムが最初にインストールされるときに作成されて文書化されます。プロビジョニングパスフレーズは 'passwords.txt ファイルには含まれていません

ご使用のプラットフォームの最新ドキュメント

ドキュメントについては、プラットフォームのベンダーの Web サイトを参照してください。

現在サポートされているプラットフォームのバージョンについては、を参照してください "NetApp Interoperability Matrix Tool で確認できます"

StorageGRID インストールファイルをダウンロードして展開します

ソフトウェアをダウンロードしてファイルを展開します(ただし、その場合はダウンロードしないでください) ストレージノード上の障害ストレージボリュームのリカバリ

グリッドで現在実行されているバージョンの StorageGRID を使用する必要があります。

手順
  1. 現在インストールされているソフトウェアのバージョンを確認します。Grid Manager の上部からヘルプアイコンを選択し、 * バージョン情報 * を選択します。

  2. にアクセスします "ネットアップの StorageGRID ダウンロードページ"

  3. グリッドで現在実行されている StorageGRID のバージョンを選択します。

    StorageGRID ソフトウェアのバージョンの形式は '11.x.y' です

  4. ネットアップアカウントのユーザ名とパスワードを使用してサインインします。

  5. エンドユーザライセンス契約を読み、チェックボックスをオンにして、「 * 同意して続行 * 」を選択します。

  6. ダウンロード・ページの [ StorageGRID のインストール ] 列で ' 使用するプラットフォームに対応する tgz または .zip ファイルを選択します

    インストールアーカイブファイルに表示されるバージョンは、現在インストールされているソフトウェアのバージョンと一致している必要があります。

    Windows を実行している場合は '.zip ファイルを使用します

    プラットフォーム インストールアーカイブ

    Red Hat Enterprise Linux または CentOS

    「 StorageGRIDWebscale--version_ RPM --uniqueID.zip 」「 StorageGRID Webscale --version-RPM — _uniqueID_tgz 」

    Ubuntu 、 Debian 、またはアプライアンス

    `StorageGRIDWebscale--version-bDEB — uniqueID.zip `StorageGRID -version-bDEB — uniqueID.tgz `

    VMware

    「 StorageGRIDWebscale--version_ vmware --uniqueID_.zip 」「 StorageGRID Webscale --version -vmware — _uniqueID_tgz 」

  7. アーカイブファイルをダウンロードして展開します。

  8. プラットフォームに応じた手順に従って、プラットフォームとリカバリが必要なグリッドノードに基づいて必要なファイルを選択します。

    各プラットフォームの手順に記載されているパスは、アーカイブファイルによってインストールされた最上位ディレクトリに対する相対パスです。

  9. をリカバリする場合 Red Hat Enterprise Linux または CentOS システムをクリックし、適切なファイルを選択します。

パスとファイル名 説明

StorageGRID ダウンロードファイルに含まれているすべてのファイルについて説明するテキストファイル。

製品サポートのない無償ライセンス。

RHEL ホストまたは CentOS ホストに StorageGRID ノードイメージをインストールするための RPM パッケージ。

RHEL ホストまたは CentOS ホストに StorageGRID ホストサービスをインストールするための RPM パッケージ。

導入スクリプトツール

説明

StorageGRID システムの設定を自動化するための Python スクリプト。

StorageGRID アプライアンスの設定を自動化するための Python スクリプト。

configure -storagegrid.py スクリプトで使用される設定ファイルの例。

シングルサインオンが有効な場合にグリッド管理 API にサインインするために使用できる Python スクリプトの例。

configure -storagegrid.py スクリプトで使用する空の構成ファイル。

StorageGRID コンテナ導入用の RHEL ホストまたは CentOS ホストを設定するためのサンプルの Ansible のロールとプレイブック。必要に応じて、ロールまたはプレイブックをカスタマイズできます。

StorageGRID の API スキーマ

  • 注 * :アップグレードを実行する前に、これらのスキーマを使用して、 StorageGRID 管理 API を使用するように記述したコードが、アップグレード互換性テスト用の非本番環境の StorageGRID 環境を持たない場合、新しい StorageGRID リリースと互換性があることを確認できます。

  1. をリカバリする場合 Ubuntu または Debian システムをクリックし、適切なファイルを選択します。

パスとファイル名 説明

StorageGRID ダウンロードファイルに含まれているすべてのファイルについて説明するテキストファイル。

テスト環境およびコンセプトの実証環境に使用できる、非本番環境のネットアップライセンスファイル。

Ubuntu ホストまたは Debian ホストに StorageGRID ノードイメージをインストールするための DEB パッケージ。

ファイル「 /debs/storagegrid-webscale-images-version-SHA.deb` 」の MD5 チェックサム。

Ubuntu ホストまたは Debian ホストに StorageGRID ホストサービスをインストールするための DEB パッケージ。

導入スクリプトツール

説明

StorageGRID システムの設定を自動化するための Python スクリプト。

StorageGRID アプライアンスの設定を自動化するための Python スクリプト。

シングルサインオンが有効な場合にグリッド管理 API にサインインするために使用できる Python スクリプトの例。

configure -storagegrid.py スクリプトで使用される設定ファイルの例。

configure -storagegrid.py スクリプトで使用する空の構成ファイル。

StorageGRID コンテナ導入用の Ubuntu ホストまたは Debian ホストを設定するためのサンプルの Ansible のロールとプレイブック。必要に応じて、ロールまたはプレイブックをカスタマイズできます。

StorageGRID の API スキーマ

  • 注 * :アップグレードを実行する前に、これらのスキーマを使用して、 StorageGRID 管理 API を使用するように記述したコードが、アップグレード互換性テスト用の非本番環境の StorageGRID 環境を持たない場合、新しい StorageGRID リリースと互換性があることを確認できます。

  1. をリカバリする場合 VMware システムをクリックし、適切なファイルを選択します。

パスとファイル名 説明

StorageGRID ダウンロードファイルに含まれているすべてのファイルについて説明するテキストファイル。

製品サポートのない無償ライセンス。

グリッドノード仮想マシンを作成するためのテンプレートとして使用される仮想マシンディスクファイル。

プライマリ管理ノードを導入するための Open Virtualization Format テンプレートファイル (.ovf ') およびマニフェストファイル (.mf ') 。

非プライマリ管理ノードを導入するためのテンプレートファイル (.ovf ') およびマニフェストファイル (.mf ') 。

アーカイブノードを導入するためのテンプレートファイル (.ovf ') およびマニフェストファイル (.mf ')

ゲートウェイノードを導入するためのテンプレートファイル (.ovf ') およびマニフェストファイル (.mf ') 。

仮想マシンベースのストレージノードを導入するためのテンプレートファイル (.ovf ') およびマニフェストファイル (.mf ') 。

導入スクリプトツール

説明

仮想グリッドノードの導入を自動化するための Bash シェルスクリプト。

「 deploy-vsphere-ovftool.sh 」スクリプトで使用する構成ファイルの例。

StorageGRID システムの設定を自動化するための Python スクリプト。

StorageGRID アプライアンスの設定を自動化するための Python スクリプト。

シングルサインオンが有効な場合にグリッド管理 API にサインインするために使用できる Python スクリプトの例。

configure -storagegrid.py スクリプトで使用される設定ファイルの例。

configure -storagegrid.py スクリプトで使用する空の構成ファイル。

StorageGRID の API スキーマ

  • 注 * :アップグレードを実行する前に、これらのスキーマを使用して、 StorageGRID 管理 API を使用するように記述したコードが、アップグレード互換性テスト用の非本番環境の StorageGRID 環境を持たない場合、新しい StorageGRID リリースと互換性があることを確認できます。

  1. StorageGRID アプライアンスベースのシステムをリカバリする場合は、該当するファイルを選択してください。

パスとファイル名 説明

アプライアンスに StorageGRID ノードイメージをインストールするための DEB パッケージ。

DEB インストールパッケージのチェックサム。アップロード後にパッケージに変更が加えられていないことを確認するために StorageGRID アプライアンスインストーラで使用されます。

注記 アプライアンスのインストールの場合、これらのファイルが必要になるのは、ネットワークトラフィックを回避する必要がある場合だけです。アプライアンスは、プライマリ管理ノードから必要なファイルをダウンロードできます。