日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

削除または廃止された機能

寄稿者

一部の機能については、このリリースで削除または廃止されています。以下の項目を確認して、アップグレードの前にクライアントアプリケーションを更新する必要があるか、または設定を変更する必要があるかを理解してください。

アラームシステムおよびアラームベースの API が廃止されました

StorageGRID 11.6 リリース以降、従来のアラームシステムは廃止されました。このアラームシステムのユーザインターフェイスと API は、今後のリリースで削除される予定です。

重要 従来のアラームをまだ使用している場合は、 StorageGRID 11.6 にアップグレードしたあとにアラートシステムに完全に移行することを計画してください。を参照してください アラートとアラームの管理:概要 アラートの詳細については、を参照してください。

11.6 リリースでは、すべてのアラームベース API が廃止されました。この変更の影響を受ける API は次のとおりです。

  • 'get/grid/alarms': 完全に廃止されました

  • 'get/grid/health/topology': 完全に廃止されました

  • get/grid/health :応答の「 alarm-counts 」セクションは廃止されました

今後のリリースでは、 PUT Object について最大 5TiB のオブジェクトサイズはサポートされません

StorageGRID の今後のリリースでは、単一の PUT Object 処理の最大サイズは 5TiB ではなく 5GiB になる予定です。5 GiB よりも大きいオブジェクトでは、最大 5TiB ( 5 、 497 、 558 、 138 、 880 バイト)のマルチパートアップロードを使用できます。

StorageGRID 11.6 では、 S3 クライアントが 5GB を超えるオブジェクトをアップロードしようとしたときに、 PUT Object のサイズが小さいために「 * S3 PUT Object size too large * 」というアラートがトリガーされます。

NAS Bridge 機能の廃止

NAS Bridge 機能は、以前に StorageGRID 11.4 リリースで制限付きアクセスになっていました。NAS Bridge 機能は、アクセスが制限されたままで、 StorageGRID 11.6 で廃止されました。

NAS Bridge 11.4 は、引き続き最終リリースであり、 StorageGRID 11.6 との互換性を維持します。を確認します "NetApp Interoperability Matrix Tool で確認できます" NAS Bridge 11.4 バージョンと StorageGRID バージョン間の互換性を継続するため。

ネットアップサポートサイトでを確認します "NAS Bridge のサポートスケジュール"