日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

手順 1 : [ サイト ] を選択します

サイトの運用を停止できるかどうかを判断するには、まず Decommission Site ウィザードにアクセスします。

必要なもの
  • 必要な情報やデータ、機器をすべて揃えておく必要があります。

  • サイトの削除に関する考慮事項を確認しておく必要があります。

  • を使用して Grid Manager にサインインする必要があります サポートされている Web ブラウザ

  • Root Access 権限または Maintenance と ILM 権限が必要です。

手順
  1. [maintenance] > [ Tasks] > [* Decommission] * を選択します。

  2. [Decommission Site] を選択します。

    Decommission Site ウィザードの Step 1 ( Select Site )が表示されます。この手順には、 StorageGRID システムのサイトのアルファベット順に記載されています。

    サイトの運用停止手順 1 サイトを選択
  3. 「使用済みストレージ容量」列の値を確認し、各サイトのオブジェクトデータに現在使用されているストレージの容量を特定します。

    使用済みストレージ容量は概算値です。ノードがオフラインの場合は、ストレージの使用容量が最後に確認されたサイトの値になります。

    • 接続されたサイトの運用停止の場合、この値は、このサイトを安全に運用停止するために、他のサイトに移動したり、 ILM によって削除したりする必要があるオブジェクトデータの量を表します。

    • 切断されているサイトの運用停止の場合、この値は、このサイトの運用を停止するとシステムのデータストレージにアクセスできなくなる容量を表します。

      注記 単一サイトの損失を防ぐように ILM ポリシーを設定した場合、オブジェクトデータのコピーが残りのサイトに残っている必要があります。
  4. 「 * Decommission possible * 」列の理由を確認して、現在運用停止できるサイトを特定します。

    注記 サイトの運用を停止できない理由が複数ある場合は、最も重大な理由が表示されます。
運用停止の可能性がある理由 説明 次の手順に進みます

緑のチェックマーク(アイコンアラートの緑のチェックマーク)

このサイトは運用停止できます。

に進みます 次の手順に進みます

いいえこのサイトにはプライマリ管理ノードが含まれています。

プライマリ管理ノードを含むサイトの運用を停止することはできません。

なしこの手順 は実行できません。

いいえこのサイトにはアーカイブノードが 1 つ以上含まれています。

アーカイブノードを含むサイトの運用を停止することはできません。

なしこの手順 は実行できません。

いいえこのサイトのすべてのノードが切断されています。ネットアップの担当者にお問い合わせください。

サイト内のすべてのノードが接続されていないかぎり、接続されたサイトの運用停止を実行することはできません(アイコンアラートの緑のチェックマーク)。

切断されたサイトの運用停止を実行する場合は、ネットアップのアカウント担当者にお問い合わせください。この担当者が要件を確認し、残りの運用停止サイトウィザードを有効にします。

  • 重要 * :サイトを削除できるように、オンラインノードをオフラインにしないでください。データが失われます。

この例は、 3 つのサイトからなる StorageGRID システムを示しています。緑のチェックマーク(アイコンアラートの緑のチェックマーク)をローリーとサニーベールのサイトで運用停止できることを示しています。ただし、プライマリ管理ノードが含まれているため、バンクーバーサイトの運用を停止することはできません。

  1. 運用停止が可能な場合は、サイトのオプションボタンを選択します。

    「 * 次へ * 」ボタンが有効になっています。

  2. 「 * 次へ * 」を選択します。

    手順 2 (詳細を表示)が表示されます。