日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Tenant Manager のダッシュボードについて理解する

寄稿者

Tenant Manager Dashboard には、テナントアカウントの設定の概要とテナントのバケット( S3 )またはコンテナ( Swift )でオブジェクトに使用されているスペースの量が表示されます。テナントにクォータがある場合は、クォータの使用量と残りの容量がダッシュボードに表示されます。テナントアカウントに関連するエラーがある場合は、ダッシュボードにそのエラーが表示されます。

重要 使用済みスペースの値は推定値です。これらの推定値は、取り込みのタイミング、ネットワーク接続、ノードのステータスによって左右されます。

オブジェクトがアップロードされると、ダッシュボードは次のようになります。

dashboard - バケットリスト

テナントアカウントの概要

ダッシュボードの上部には、次の情報が表示されます。

  • 設定されているバケットまたはコンテナ、グループ、およびユーザの数

  • プラットフォームサービスエンドポイントの数(設定されている場合)

リンクを選択すると詳細を確認できます。

ダッシュボードの右側には、次の情報が表示されます。

  • テナントのオブジェクトの合計数。

    S3 アカウントでは、オブジェクトが取り込まれておらず、 Root Access 権限がある場合は、オブジェクトの総数ではなく、「 Getting started 」というガイドラインが表示されます。

  • テナントアカウントの名前と ID 、テナントで使用できるかどうかなど、テナントの詳細 プラットフォームサービス独自のアイデンティティソースまたは S3 選択 (有効な権限だけが表示されます)。

ストレージとクォータの使用状況

ストレージ使用状況パネルには、次の情報が表示されます。

  • テナントのオブジェクトデータの量。

    重要 アップロードされたオブジェクトデータの合計量を示します。オブジェクトとそのメタデータのコピーを格納するために使用されるスペースは表示されません。
  • クォータが設定されている場合は、オブジェクトデータに使用できるスペースの合計容量、および残りのスペースの量と割合。クォータは、取り込むことができるオブジェクトデータの量を制限します。

    重要 クォータ使用率は内部の推定値に基づいており、場合によっては超過することがあります。たとえば、テナントがクォータを超えた場合、 StorageGRID はテナントがオブジェクトのアップロードを開始したときにクォータをチェックし、新しい取り込みを拒否します。ただし、 StorageGRID では、クォータを超過したかどうかを判断する際に、現在のアップロードのサイズは考慮されません。オブジェクトが削除された場合、クォータ使用率が再計算されるまでテナントが一時的に新しいオブジェクトをアップロードできなくなることがあります。クォータ使用率の計算には 10 分以上かかることがあります。
  • 最大のバケットまたはコンテナの相対サイズを表す棒グラフ。

    任意のグラフセグメントにカーソルを合わせると、そのバケットまたはコンテナで消費されている合計スペースが表示されます。

    棒グラフセグメント
  • 棒グラフに対応するために、オブジェクトデータの合計量と各バケットまたはコンテナのオブジェクト数を含む最大のバケットまたはコンテナのリスト。

    テナントダッシュボードのバケット

    テナントに 9 つ以上のバケットまたはコンテナがある場合は、他のすべてのバケットまたはコンテナがリストの一番下にある 1 つのエントリに結合されます。

クォータ使用状況アラート

Grid Manager でクォータ使用アラートが有効になっている場合、クォータの下限または超過時に次のように Tenant Manager に表示されます。

テナントのクォータの 90% 以上が使用されると、「テナントクォータ使用率が高い * 」アラートがトリガーされます。詳細については、 StorageGRID の監視とトラブルシューティングの手順にあるアラートリファレンスを参照してください。

テナントダッシュボードの残りクォータ

クォータを超えた場合、新しいオブジェクトをアップロードすることはできません。

テナントダッシュボード使用クォータ
注記 詳細を表示してアラートのルールと通知を管理するには、 StorageGRID の監視とトラブルシューティングの手順を参照してください。

エンドポイントエラー

Grid Manager を使用して 1 つ以上のエンドポイントをプラットフォームサービスで使用するように設定している場合は、 Tenant Manager のダッシュボードに過去 7 日以内にエンドポイントエラーが発生した場合にアラートが表示されます。

エンドポイントメッセージを示すダッシュボード

エンドポイントエラーの詳細を表示するには、エンドポイントを選択してエンドポイントページを表示します。