日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

パーツのアップロード - コピー

寄稿者

Upload Part - Copy 処理は、データソースとしての既存のオブジェクトからデータをコピーすることで、オブジェクトのパートをアップロードします。

Upload Part - Copy 処理には、すべての Amazon S3 REST API の動作が実装されています。

この要求は、 StorageGRID システム内の「 x-amz-copy-source-range 」で指定されたオブジェクトデータの読み取りと書き込みを行います。

次の要求ヘッダーがサポートされています。

  • x-amz-copy-source-if-match

  • x-amz-copy-source-if-none-match

  • 「 x-amz-copy-source-if-unmodified-since 」です

  • x-amz-copy-source-if-modified-since

サーバ側の暗号化を行うための要求ヘッダー

Initiate Multipart Upload 要求に SSE-C 暗号化を指定した場合は、各 Upload Part - Copy 要求に次の要求ヘッダーも含める必要があります。

  • 「 x-amz-server-side-encryption-customer-algorithm 」:「 AES256 」を指定します。

  • x-amz-server-side-encryption-customer-key : Initiate Multipart Upload 要求で指定した暗号化キーを指定します。

  • x-amz-server-side-encryption-customer-key-MD5 : Initiate Multipart Upload 要求で指定した MD5 ダイジェストを指定します。

ソースオブジェクトがユーザ指定のキーを使用して暗号化されている場合( SSE-C )は、オブジェクトを復号化してコピーできるように、 Upload Part - Copy 要求に次の 3 つのヘッダーを含める必要があります。

  • x-amz-copy-sourcemalgebals-server-sideAlgorithmebals-encryptionmed-center-algorithm :「 256 」を指定します。

  • x-amz-copy-source Sourcedming-ser-encryption-customer-key :ソースオブジェクトの作成時に指定した暗号化キーを指定します。

  • x-amz-copy-source Sourcedgals-server-side-encryption-customer-key-MD5 :ソースオブジェクトの作成時に指定した MD5 ダイジェストを指定します。

重要 指定した暗号化キーが格納されることはありません。暗号化キーを紛失すると、対応するオブジェクトが失われます。お客様提供の鍵を使用してオブジェクト・データを保護する前に ' サーバ側の暗号化を使用の考慮事項を確認してください

バージョン管理

マルチパートアップロードは、アップロードの開始、アップロードのリストの表示、パートのアップロード、アップロードしたパートのアセンブル、およびアップロードの完了の個別の処理に分けられます。Complete Multipart Upload 処理が実行されると、オブジェクトが作成されます(該当する場合はバージョン管理されます)。