日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

新しいグリッドノードを導入する

寄稿者

拡張時に新しいグリッドノードを導入する手順は、グリッドを最初にインストールしたときに使用した手順と同じです。拡張を実行する前に、すべての新しいグリッドノードの導入が完了している必要があります。

グリッドを拡張する際に、追加するノードが既存のノードと同じタイプである必要はありません。VMware ノード、 Linux コンテナベースのノード、またはアプライアンスノードを追加できます。

VMware :グリッドノードを導入する

拡張で追加する VMware ノードごとに、 VMware vSphere で仮想マシンを導入する必要があります。

手順
  1. 新しいノードを仮想マシンとして導入 1 つ以上の StorageGRID ネットワークに接続します。

    ノードを導入する際には、必要に応じてノードポートを再マッピングしたり、 CPU やメモリの設定を増やしたりできます。

  2. 新しい VMware ノードをすべて導入したら、 拡張手順 を実行します

Linux :グリッドノードを導入します

グリッドノードは、新規の Linux ホストにも既存の Linux ホストにも導入できます。グリッドに追加する StorageGRID ノードの CPU 、 RAM 、およびストレージの要件に対応するために追加の Linux ホストが必要な場合は、最初にインストールしたときと同じ方法で準備します。その後、インストール時のグリッドノードと同じ方法で拡張ノードを導入します。

必要なもの
  • 使用している Linux のバージョンに対応した StorageGRID のインストール手順が必要です。また、ハードウェアとストレージの要件を確認しておく必要があります。

  • 既存のホストに新しいグリッドノードを導入する場合は、既存のホストが追加のノードに対応する十分な CPU 、 RAM 、ストレージ容量を備えていることを確認しておきます。

  • 障害ドメインを最小限に抑えるための計画が必要です。たとえば、すべてのゲートウェイノードを 1 つの物理ホストに導入することは避けてください。

    重要 本番環境では、 1 つの物理ホストまたは仮想ホストで複数のストレージノードを実行しないでください。各ストレージノードに専用のホストを使用すると、分離された障害ドメインが提供されます。
  • StorageGRID ノードがNetApp ONTAP システムから割り当てられたストレージを使用している場合は、ボリュームでFabricPool 階層化ポリシーが有効になっていないことを確認してください。StorageGRID ノードで使用するボリュームで FabricPool による階層化を無効にすることで、トラブルシューティングとストレージの処理がシンプルになります。

手順
  1. ホストを新規に追加する場合は、 StorageGRID ノードの導入に関するインストール手順を参照します。

  2. 新しいホストを導入するには、ホストの準備手順に従います。

  3. ノード構成ファイルを作成し、 StorageGRID の設定を検証するには、グリッドノードの導入手順に従います。

  4. 新しい Linux ホストにノードを追加する場合は、 StorageGRID ホストサービスを開始します。

  5. 既存の Linux ホストにノードを追加する場合は、 StorageGRID ホストサービス CLI を使用して新しいノードを起動します。「 sudo StorageGRID node start [<node name\\>] 」

すべての新しいグリッドノードを導入したら、を実行できます 拡張を実行

アプライアンス:ストレージノード、ゲートウェイノード、または非プライマリ管理ノードの導入

アプライアンスノードに StorageGRID ソフトウェアをインストールするには、アプライアンスに含まれている StorageGRID アプライアンスインストーラを使用します。拡張時、各ストレージアプライアンスは単一のストレージノードとして機能し、各サービスアプライアンスは単一のゲートウェイノードまたは非プライマリ管理ノードとして機能します。すべてのアプライアンスは、グリッドネットワーク、管理ネットワーク、およびクライアントネットワークに接続できます。

必要なもの
  • アプライアンスをラックまたはキャビネットに設置し、ネットワークに接続し、電源を投入しておきます。

  • StorageGRID アプライアンス・インストーラを使用して ' アプライアンスのインストールおよびメンテナンス手順のすべての構成ハードウェアの手順を完了しました

    アプライアンスハードウェアの設定には、 StorageGRID 接続(ネットワークリンクおよび IP アドレス)の設定に必要な手順、およびノードの暗号化を有効にする手順、 RAID モードの変更、ネットワークポートの再マッピングを行うオプションの手順が含まれます。

  • StorageGRID アプライアンスインストーラの IP 設定ページに表示されるすべてのグリッドネットワークサブネットが、プライマリ管理ノードのグリッドネットワークサブネットリストで定義されている。

  • 交換用アプライアンスの StorageGRID アプライアンスインストーラファームウェアは、グリッドで現在実行されている StorageGRID ソフトウェアのバージョンと互換性があります。たとえば、 StorageGRID アプライアンスインストーラのバージョン 3.6 は、 StorageGRID バージョン 11.6 と互換性があります。(バージョンに互換性がない場合は、 StorageGRID アプライアンスインストーラファームウェアをアップグレードする必要があります)。

  • を搭載したサービスラップトップを用意します サポートされている Web ブラウザ

  • アプライアンスのコンピューティングコントローラに割り当てられている IP アドレスのいずれかを確認しておきます。接続されているどの StorageGRID ネットワークの IP アドレスでも使用できます。

アプライアンスノードに StorageGRID をインストールするプロセスには、次のフェーズがあります。

  • プライマリ管理ノードの IP アドレスおよびアプライアンスノードの名前を指定または確認します。

  • インストールを開始し、ボリュームの設定とソフトウェアのインストールが行われている間待機します。

    アプライアンスインストールタスクの途中で、インストールが一時停止します。インストールを再開するには、 Grid Manager にサインインし、グリッドノードをすべて承認し、 StorageGRID のインストールプロセスを完了します。

    注記 一度に複数のアプライアンス・ノードを導入する必要がある場合は 'configure-sSGA .py のアプライアンス・インストール・スクリプトを使用して ' インストール・プロセスを自動化できます
手順
  1. ブラウザを開き、アプライアンスのコンピューティングコントローラの IP アドレスのいずれかを入力します。

    https://Controller_IP:8443`

    StorageGRID アプライアンスインストーラのホームページが表示されます。

  2. 「 * プライマリ管理ノード * 接続」セクションで、プライマリ管理ノードの IP アドレスを指定する必要があるかどうかを確認します。

    このデータセンターに他のノードがすでにインストールされている場合は、プライマリ管理ノードまたは ADMIN_IP が設定された少なくとも 1 つのグリッドノードが同じサブネットにあるという想定で、 StorageGRID アプライアンスインストーラがこの IP アドレスを自動的に検出します。

  3. この IP アドレスが表示されない場合や変更する必要がある場合は、アドレスを指定します。

    オプション 説明

    IP を手動で入力します

    1. Enable Admin Node discovery * チェックボックスの選択を解除します。

    2. IP アドレスを手動で入力します。

    3. [ 保存( Save ) ] をクリックします。

    4. 新しい IP アドレスの接続状態が READY になるまで待ちます。

    接続されたすべてのプライマリ管理ノードの自動検出

    1. Enable Admin Node discovery * チェックボックスを選択します。

    2. 検出された IP アドレスのリストが表示されるまで待ちます。

    3. このアプライアンスストレージノードを導入するグリッドのプライマリ管理ノードを選択します。

    4. [ 保存( Save ) ] をクリックします。

    5. 新しい IP アドレスの接続状態が READY になるまで待ちます。

  4. [ * ノード名 * ] フィールドに、このアプライアンス・ノードに使用する名前を入力し、 [ * 保存 * ] を選択します。

    このノード名は、 StorageGRID システムでこのアプライアンスノードに割り当てられ、このタブは、 Grid Manager のノードページ(概要タブ)に表示されます。ノードを承認するときに、必要に応じて、この名前を変更できます。

  5. 「 * インストール * 」セクションで、現在の状態が「プライマリ管理ノード admin_ip` を使用した _ ノード name_into グリッドのインストールを開始する準備ができている」であり、「インストールの開始 * 」ボタンが有効になっていることを確認します。

    [Start Installation* (インストールの開始) ] ボタンが有効になっていない場合は、ネットワーク設定またはポート設定の変更が必要になることがあります。手順については、使用しているアプライアンスのインストールとメンテナンスの手順を参照してください。

  6. StorageGRID アプライアンスインストーラのホームページで、「インストールの開始」を選択します。

    この図には説明が付随しています。

    現在の状態が「 Installation is in progress 」に変わり、「 Monitor Installation 」ページが表示されます。

  7. 拡張に複数のアプライアンスノードが含まれている場合は、アプライアンスごとに上記の手順を繰り返します。

    注記 一度に複数のアプライアンスストレージノードを導入する必要がある場合は、 configure-sga.py アプライアンスインストールスクリプトを使用してインストールプロセスを自動化できます。
  8. モニタのインストールページに手動でアクセスする必要がある場合は、メニューバーから * モニタのインストール * を選択します。

    Monitor Installation ページにインストールの進行状況が表示されます。

    この図には説明が付随しています。

    青色のステータスバーは、現在進行中のタスクを示します。緑のステータスバーは、正常に完了したタスクを示します。

    注記 インストーラは、以前のインストールで完了したタスクが再実行されないようにします。インストールを再実行している場合 ' 再実行する必要のないタスクは ' 緑色のステータスバーとステータスが [ スキップ済み ] と表示されます
  9. インストールの最初の 2 つのステージの進行状況を確認します。

    • 1 。アプライアンスを設定 *

      この段階では、次のいずれかのプロセスが実行されます。

      • ストレージアプライアンスの場合、インストーラがストレージコントローラに接続し、既存の設定があれば消去し、 SANtricity ソフトウェアと通信してボリュームを設定し、ホストを設定します。

      • サービスアプライアンスの場合、既存の設定があればインストーラがコンピューティングコントローラのドライブから消去し、ホストを設定します。

      ※ 2OS * をインストールします

    インストーラが StorageGRID のベースとなるオペレーティングシステムイメージをアプライアンスにコピーします。

  10. コンソールウィンドウにメッセージが表示され、 Grid Manager を使用してノードを承認するように求めるメッセージが表示されるまで、インストールの進行状況の監視を続けます。

    注記 この拡張で追加したすべてのノードが承認できる状態になるまでは、 Grid Manager でノードを承認しないでください。
    この図には説明が付随しています。