日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Linux :ターゲットホストでノードをインポートします

寄稿者

ソースホストからノードをエクスポートしたら、ターゲット Linux ホストにノードをインポートして検証します。検証では、ソースホストと同じブロックストレージおよびネットワークインターフェイスデバイスにノードがアクセスできるかどうかを確認します。

ターゲット Linux ホストで次のコマンドを実行します。

  1. ターゲットホストにノードをインポートします。

    sudo storagegrid node import /dev/mapper/sgws-dc1-s3-var-local

    /dev/mapper/sgws-dc1-s3-var-local.` からノード DC1-S3 のインポートが完了しました

    「 StorageGRID node validate DC1-S3 」を実行する必要があります

  2. 新しいホストでノード構成を検証します。

    sudo storagegrid node validate DC1-S3

    ノード DC1-S3 の存在を確認しています …​ パス +`

    「 + ノード DC1-S3 の構成ファイル /etc/storagegrid/nodes/DC1-S3.conf を確認しています …​ 」 パス +`

    + 一意の値の重複をチェックしています …​ パス +`

  3. 検証エラーが発生した場合は、移行したノードを開始する前に対処してください。

    トラブルシューティングの情報については、使用している Linux オペレーティングシステムでの StorageGRID のインストール手順を参照してください。