日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ストレージプールを編集します

ストレージプールを編集して、名前を変更したり、サイトやストレージグレードを更新したりできます。

必要なもの
  • を使用して Grid Manager にサインインします サポートされている Web ブラウザ

  • 特定のアクセス権限が必要です。

  • ストレージプールの作成に関するガイドラインを確認しておく必要があります。

  • アクティブな ILM ポリシーのルールで使用されているストレージプールを編集する場合は、変更がオブジェクトデータの配置にどのように影響するかを検討しておく必要があります。

アクティブな ILM ポリシーで使用されているストレージプールに新しいストレージグレードを追加する場合は、新しいストレージグレードのストレージノードが自動的には使用されないことに注意してください。StorageGRID で新しいストレージグレードを強制的に使用するには、編集したストレージプールを保存したあとに新しい ILM ポリシーをアクティブ化する必要があります。

手順
  1. ILM * > * Storage pools * を選択します

    Storage Pools (ストレージプール)ページが表示されます。

  2. 編集するストレージプールのラジオボタンを選択します。

    All Storage Nodes ストレージプールは編集できません。

  3. 「 * 編集 * 」を選択します。

  4. 必要に応じて、ストレージプール名を変更します。

  5. 必要に応じて、他のサイトとストレージグレードを選択します。

    注記 ストレージプール原因 がイレイジャーコーディングプロファイルで使用されている場合や、イレイジャーコーディングスキームを無効に変更する場合、サイトまたはストレージグレードを変更することはできません。たとえば、イレイジャーコーディングプロファイルで使用されているストレージプールにサイトが 1 つしかないストレージグレードが含まれている場合、サイトが 2 つのストレージグレードを使用することはできません。これは、変更によってイレイジャーコーディングスキームが無効になるためです。
  6. [ 保存( Save ) ] を選択します。

アクティブな ILM ポリシーで使用されているストレージプールに新しいストレージグレードを追加した場合は、新しい ILM ポリシーをアクティブ化して StorageGRID に新しいストレージグレードを強制的に使用させます。たとえば、既存の ILM ポリシーのクローンを作成し、そのクローンをアクティブ化します。