日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ストレージプールの詳細を表示します

寄稿者

ストレージプールの詳細を表示して、ストレージプールの使用場所を確認したり、含まれているノードやストレージグレードを確認したりできます。

必要なもの
手順
  1. ILM * > * Storage pools * を選択します

    Storage Pools (ストレージプール)ページが表示されます。このページには、定義済みのストレージプールがすべて表示されます。

    Pools.png の Storage Pools ページ

    この表には、ストレージノードを含む各ストレージプールに関する次の情報が含まれています。

    • * Name * :ストレージプールの一意の表示名。

    • * Used Space * :ストレージプールにオブジェクトを格納するために現在使用されているスペースの量。

    • * Free Space * :ストレージプールにオブジェクトを格納するために使用可能な残りのスペース。

    • * Total Capacity * :ストレージプールのサイズ。ストレージプール内のすべてのノードのオブジェクトデータに使用可能なスペースの合計に相当します。

    • * ILM Usage * :ストレージプールの現在の使用状況。ストレージプールは、使用されていない場合や、 1 つ以上の ILM ルール、イレイジャーコーディングプロファイル、またはその両方で使用されている場合があります。

      注記 使用中のストレージプールは削除できません。
  2. 特定のストレージプールの詳細を表示するには、そのラジオボタンを選択し、「 * 詳細を表示 * 」を選択します。

    Storage Pool Details モーダルが表示されます。

  3. 「 Nodes included * 」タブを表示して、ストレージプールに含まれるストレージノードまたはアーカイブノードについて確認します。

    ストレージプールの詳細ノード

    この表には、ノードごとに次の情報が記載されています。

    • ノード名

    • サイト名

    • 使用済み( % ):ストレージノードの場合、オブジェクトデータに使用されている合計使用可能スペースの割合。この値にはオブジェクトメタデータは含まれません。

      注記 各ストレージノードの Storage Used - Object Data チャートにも同じ使用済み( % )値が表示されます( * nodes * > * Storage Node* > * Storage * を選択)。
  4. 「 * ILM Usage * 」タブを選択して、ストレージプールが現在 ILM ルールやイレイジャーコーディングプロファイルで使用されているかどうかを確認します。

    この例では、 DC1 ストレージプールは、アクティブな ILM ポリシーに含まれる 2 つのルールとアクティブなポリシーに含まれない 1 つのルールという 3 つの ILM ルールで使用されます。

    ストレージプールの詳細: ILM
    注記 ILM ルールで使用されているストレージプールは削除できません。

    この例では、 All 3 Sites ストレージプールがイレイジャーコーディングプロファイルで使用されています。そのイレイジャーコーディングプロファイルは、アクティブな ILM ポリシー内の 1 つの ILM ルールによって使用されます。

    ストレージプールの詳細 ILM EC
    注記 イレイジャーコーディングプロファイルで使用されているストレージプールは削除できません。
  5. 必要に応じて、 * ILM Rules ページ * に移動し、ストレージプールを使用するルールの確認と管理を行います。

    ILM ルールの操作手順を参照してください。

  6. ストレージプールの詳細の表示が完了したら、「 * 閉じる * 」を選択します。