日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Create ILM Rule ウィザードにアクセスします

ILM ルールを使用して、時間の経過に伴うオブジェクトデータの配置を管理できます。ILM ルールを作成するには、 Create ILM Rule ウィザードを使用します。

注記 ポリシーのデフォルトの ILM ルールを作成する場合は、代わりに次の手順 を使用します。 デフォルトの ILM ルールを作成します
必要なもの

ILM ルールを作成する場合は、次の点

  • StorageGRID システムのトポロジとストレージ構成を考慮します。

  • 作成するオブジェクトコピーのタイプ(レプリケートまたはイレイジャーコーディング)および各オブジェクトに必要なコピー数を検討します。

  • StorageGRID システムに接続するアプリケーションで使用されるオブジェクトメタデータのタイプを決定します。ILM ルールは、メタデータに基づいてオブジェクトをフィルタリングします。

  • 時間の経過に伴うオブジェクトコピーの配置先を検討します。

  • 取り込み時のデータ保護に使用するオプション( Balanced 、 Strict 、 Dual commit )を決定します。

手順
  1. [* ILM*>* Rules] を選択します。

    ILM ルールページが表示され、組み込みのルールである Make 2 Copies が選択されます。

    ILM Rules ページに移動します
    注記 StorageGRID システムでグローバルな S3 オブジェクトのロック設定が有効になっている場合、 ILM ルールページの外観は少し異なります。サマリテーブルには * 準拠 * 列が含まれ、選択したルールの詳細には * 準拠 * フィールドが含まれます。
  2. 「 * Create * 」を選択します。

    Create ILM Rule ウィザードの Step 1 ( Define Basics )が表示されます。基本の定義ページを使用して、ルール環境 で使用するオブジェクトを定義します。