日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ステップ 6 :運用停止を監視する

Decommission Site ページウィザードの Step 6 ( Monitor Decommission )では、サイトが削除されるまで進行状況を監視できます。

StorageGRID は、接続されているサイトを削除するときに、次の順序でノードを削除します。

  1. ゲートウェイノード

  2. 管理ノード

  3. ストレージノード

StorageGRID は切断されているサイトを削除するときに、次の順序でノードを削除します。

  1. ゲートウェイノード

  2. ストレージノード

  3. 管理ノード

各ゲートウェイノードまたは管理ノードの削除には数分から 1 時間程度しかかかる場合がありますが、ストレージノードには数日から数週間かかる場合があります。

手順
  1. 新しいリカバリパッケージが生成されたら、すぐにファイルをダウンロードします。

    サイトの運用停止手順 6 リカバリパッケージ
    注記 手順 の運用停止中に問題が発生した場合にグリッドをリカバリできるよう、できるだけ早くリカバリパッケージをダウンロードしてください。
    1. メッセージ内のリンクを選択するか、 * maintenance * > * System * > * Recovery package * を選択します。

    2. 「 .zip 」ファイルをダウンロードします。

      の手順を参照してください リカバリパッケージをダウンロードしています

    注記 リカバリパッケージファイルには StorageGRID システムからデータを取得するための暗号キーとパスワードが含まれているため、安全に保管する必要があります。
  2. データ移動グラフを使用して、このサイトから他のサイトへのオブジェクトデータの移動を監視します。

    データの移動は、手順 3 ( ILM ポリシーの改訂)で新しい ILM ポリシーをアクティブ化すると開始されます。データの移動は、手順 の運用停止処理の間に行われます。

    サイトのステップ 6 データ移動の運用を停止します
  3. ページの Node Progress セクションで、ノードが削除される場合の運用停止手順 の進行状況を監視します。

    ストレージノードを削除すると、各ノードで一連のステージが実行されます。これらのステージのほとんどは迅速または不透過的に行われますが、移動が必要なデータの量に応じて、他のステージが完了するまでに数日から数週間かかることがあります。イレイジャーコーディングデータを管理して ILM を再評価するために追加の時間が必要です。

    運用停止サイトの手順 6 :ストレージノード

    接続されているサイトの運用停止の進行状況を監視している場合は、次の表を参照して、ストレージノードの運用停止ステージを確認してください。

    段階 推定時間

    保留中です

    分以下

    ロックされるまで待ちます

    タスクの準備

    分以下

    LDR を運用停止にする

    レプリケートデータとイレイジャーコーディングデータの運用停止

    データ量に基づく数時間、数日、または数週間

    • 注:その他のメンテナンス作業が必要な場合は、この段階でサイトの運用停止を一時停止できます。

    LDR が状態を設定

    監査キューをフラッシュします

    メッセージ数とネットワーク遅延に基づいて、数分から数時間に短縮されます。

    • 完了しました

    切断されているサイトの運用停止の進行状況を監視する場合は、次の表を参照して、ストレージノードの運用停止ステージを確認してください。

    段階 推定時間

    保留中です

    分以下

    ロックされるまで待ちます

    タスクの準備

    分以下

    外部サービスを無効にします

    証明書の取り消し

    ノードの登録解除

    ストレージグレードの登録解除

    ストレージグループの削除

    エンティティの削除

    • 完了しました

  4. すべてのノードが完了ステージになったら、残りのサイトの運用停止処理が完了するまで待ちます。

    • StorageGRID は、 * Repair Cassandra * ステップ中に、グリッドに残っている Cassandra クラスタに対して必要な修復を実行します。グリッドに残っているストレージノードの数によっては、この修復に数日以上かかることがあります。

      運用停止手順 6 Cassandra の修復
    • [EC プロファイルの非アクティブ化とストレージプールの削除 * ( Deactivate EC Profiles & Delete Storage Pools * ) ] ステップでは、次の ILM の変更が行われます。

      • サイトを参照しているイレイジャーコーディングプロファイルはすべて非アクティブ化されます。

      • サイトを参照していたストレージプールがすべて削除されます。

        重要 システムデフォルトの All Storage Nodes ストレージプールも、「すべてのサイト」サイトを使用しているため削除されます。
    • 最後に、 * 構成の削除 * ステップで、サイトとそのノードへの残りの参照がグリッドの残りの部分から削除されます。

      運用停止サイトステップ 6 構成の削除
  5. 運用停止手順 が完了すると、運用停止サイトのページに成功のメッセージが表示され、削除したサイトは表示されなくなります。

    運用停止サイト成功メッセージ

サイトの運用停止手順 が完了したら、次の作業を実行します。

  • 運用停止したサイトのすべてのストレージノードのドライブを確実に消去します。市販のデータ消去ツールまたはデータ消去サービスを使用して、ドライブからデータを完全かつ安全に削除します。

  • サイトに 1 つ以上の管理ノードが含まれていて、 StorageGRID システムでシングルサインオン( SSO )が有効になっている場合は、そのサイトに対する証明書利用者信頼をすべて Active Directory フェデレーションサービス( AD FS )から削除します。

  • 接続されているサイトの運用停止手順 でノードの電源が自動的にオフになったら、関連する仮想マシンを削除します。