日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ファイバチャネル HBA を取り外します

SG6000-CN コントローラが適切に機能しない場合や障害が発生した場合は、 SG6000-CN コントローラの Fibre Channel Host Bus Adapter ( HBA ;ホストバスアダプタ)の交換が必要となることがあります。

必要なもの

サービスの中断を回避するには、 Fibre Channel HBA の交換を開始する前に他のすべてのストレージノードがグリッドに接続されていることを確認するか、定期的なメンテナンスの実行中にサービスの中断が通常どおりに発生するようにアダプタを交換してください。情報ライフサイクル管理を使用してオブジェクトを管理する手順のノード接続状態の確認に関する情報を参照してください。

重要 オブジェクトのコピーを 1 つだけ作成する ILM ルールを使用したことがある場合は、スケジュールされたメンテナンス期間中に Fibre Channel HBA を交換する必要があります。そうしないと、この手順 中にオブジェクトへのアクセスが一時的に失われる可能性があります。+ 情報ライフサイクル管理を使用したオブジェクトの管理に関する情報を参照してください
手順
  1. ESD リストバンドのストラップの端を手首に巻き付け、静電気の放電を防ぐためにクリップの端をメタルアースに固定します。

  2. ファイバーチャネル HBA を搭載したコントローラの背面にあるライザーアセンブリを探します。

    SG6060 ライザーアセンブリの場所
  3. 青いマークの付いた穴を通してライザーアセンブリをつかみ、慎重に持ち上げます。取り付けられているアダプタの外部コネクタがシャーシから外れるように、ライザーアセンブリをシャーシの前面方向に持ち上げます。

  4. 金属製フレーム側を下にしてライザーカードを静電気防止用の平らな場所に置き、アダプタにアクセスします。

    ライザーアセンブリ内の SG6060 Fibre Channel HBA

    ライザーアセンブリには、ファイバチャネル HBA とイーサネットネットワークアダプタの 2 つのアダプタがあります。この図では Fibre Channel HBA を示しています。

  5. 青色のアダプタラッチ(丸で囲んだ部分)を開き、ファイバチャネル HBA をライザーアセンブリから慎重に取り外します。アダプタをわずかにロックして、アダプタをコネクタから取り外します。力を入れすぎないように注意してください。

  6. アダプタを静電気防止処置を施した平らな場所に置きます。

交換用の Fibre Channel HBA を取り付けます。