日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クラウドストレージプールと CloudMirror レプリケーションを比較しています

寄稿者

クラウドストレージプールの使用を開始するにあたって、クラウドストレージプールと StorageGRID CloudMirror レプリケーションサービスの類似点と相違点を理解しておくと役立ちます。

クラウドストレージプール CloudMirror レプリケーションサービス

主な目的は何ですか?

クラウドストレージプールはアーカイブターゲットとして機能します。クラウドストレージプール内のオブジェクトコピーは、オブジェクトの唯一のコピーにすることも、追加のコピーにすることもできます。つまり、オンプレミスに 2 つのコピーを保持するのではなく、 StorageGRID 内に保持できるコピーは 1 つだけで、クラウドストレージプールにコピーを送信できます。

CloudMirror レプリケーションサービスを使用すると、テナントで、 StorageGRID (ソース)内のバケットから外部の S3 バケット(デスティネーション)にオブジェクトを自動的にレプリケートできます。CloudMirror レプリケーションでは、独立した S3 インフラにオブジェクトの独立したコピーが作成されます。

セットアップ方法は?

クラウドストレージプールは、グリッドマネージャまたはグリッド管理 API を使用して、ストレージプールと同じ方法で定義されます。クラウドストレージプールは、 ILM ルールの配置先として選択できます。ストレージプールはストレージノードのグループで構成されますが、クラウドストレージプールはリモートの S3 または Azure エンドポイント( IP アドレス、クレデンシャルなど)を使用して定義されます。

テナントユーザ CloudMirror レプリケーションを設定します Tenant Manager または S3 API を使用して CloudMirror エンドポイント( IP アドレス、クレデンシャルなど)を定義します。CloudMirror エンドポイントのセットアップ後、そのテナントアカウントが所有するバケットは、 CloudMirror エンドポイントを参照するように設定できます。

設定は誰が担当しますか?

通常はグリッド管理者

通常はテナントユーザ

デスティネーションは何ですか?

  • 互換性のある任意の S3 インフラ( Amazon S3 を含む)

  • Azure BLOB アーカイブ層

  • 互換性のある任意の S3 インフラ( Amazon S3 を含む)

オブジェクトをデスティネーションに移動する原因は何ですか?

アクティブな ILM ポリシー内の 1 つ以上の ILM ルール。ILM ルールは、 StorageGRID がクラウドストレージプールに移動するオブジェクトとオブジェクトを移動するタイミングを定義します。

CloudMirror エンドポイントを使用して設定されたソースバケットに新しいオブジェクトを取り込む処理。 CloudMirror エンドポイントを使用してバケットが設定される前のソースバケットに含まれていたオブジェクトは、変更されていないかぎりレプリケートされません。

オブジェクトの読み出し方法

アプリケーションは、クラウドストレージプールに移動されたオブジェクトを読み出すために、 StorageGRID への要求を行う必要があります。オブジェクトの唯一のコピーがアーカイブストレージに移行された場合、 StorageGRID はオブジェクトのリストアプロセスを管理して読み出し可能にします。

デスティネーションバケット内のミラーコピーは独立したコピーであるため、アプリケーションは、 StorageGRID または S3 デスティネーションに要求を行うことでオブジェクトを読み出すことができます。たとえば、 CloudMirror レプリケーションを使用してパートナー組織にオブジェクトをミラーリングするとします。パートナーは、独自のアプリケーションを使用して、 S3 デスティネーションからオブジェクトを直接読み取ったり更新したりできます。StorageGRID を使用する必要はありません。

デスティネーションから直接読み取ることはできますか。

いいえクラウドストレージプールに移動されるオブジェクトは StorageGRID によって管理されます。読み取り要求は StorageGRID に転送する必要があります( StorageGRID がクラウドストレージプールからの読み出しを実行します)。

はい。ミラーコピーは独立したコピーであるためです。

オブジェクトがソースから削除された場合はどうなりますか?

オブジェクトもクラウドストレージプールから削除されます。

削除操作は複製されません。削除したオブジェクトは StorageGRID バケットには存在しなくなりますが、デスティネーションバケットには引き続き存在します。同様に、デスティネーションバケット内のオブジェクトもソースに影響を与えることなく削除できます。

災害後( StorageGRID システムが動作していない)にどのようにしてオブジェクトにアクセスしますか。

障害が発生した StorageGRID ノードをリカバリする必要があります。このプロセスでは、レプリケートされたオブジェクトのコピーをクラウドストレージプールのコピーを使用してリストアすることができます。

CloudMirror デスティネーション内のオブジェクトコピーは StorageGRID から独立しているため、 StorageGRID ノードがリカバリされる前に直接アクセスできます。