日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

バケットのカスタム処理

寄稿者

StorageGRID システムでは、 S3 REST API に追加されたシステム固有のカスタムバケット処理をサポートしています。

次の表に、 StorageGRID でサポートされるカスタムバケット処理を示します。

操作 説明 を参照してください。

GET Bucket consistency

特定のバケットに適用されている整合性レベルを返します。

PUT Bucket consistency

特定のバケットに適用される整合性レベルを設定します。

GET Bucket last access time の場合

特定のバケットで最終アクセス時間の更新が有効になっているか無効になっているかを返します。

PUT Bucket last access time のように指定します

特定のバケットの最終アクセス時間の更新を有効または無効にできます。

バケットのメタデータ通知設定を削除します

特定のバケットに関連付けられているメタデータ通知設定 XML を削除します。

GET Bucket metadata notification configuration

特定のバケットに関連付けられているメタデータ通知設定 XML を返します。

PUT Bucket metadata notification configuration のコマンドです

バケットのメタデータ通知サービスを設定します。

準拠設定の PUT Bucket

廃止およびサポート終了:準拠を有効にした新しいバケットを作成できなくなりました。

GET Bucket compliance で確認します

廃止されましたがサポートされています:既存の古い準拠バケットに対して現在有効な準拠設定を返します。

PUT Bucket compliance で確認してください

廃止されましたがサポートされています:既存の古い準拠バケットの準拠設定を変更できます。