日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

取り込みのデータフロー

寄稿者

取り込み処理、つまり保存の処理は、クライアントと StorageGRID システム間の定義されたデータフローで構成されます。

データフロー

クライアントが StorageGRID システムにオブジェクトを取り込んだ場合、ストレージノード上の LDR サービスが要求を処理し、メタデータとデータをディスクに格納します。

同期配置での取り込み
  1. クライアントアプリケーションでオブジェクトが作成され、 HTTP PUT 要求を使用して StorageGRID システムに送信されます。

  2. オブジェクトがシステムの ILM ポリシーに照らして評価されます。

  3. LDR サービスが、オブジェクトデータをレプリケートコピーまたはイレイジャーコーディングコピーとして保存します。(上の図ではレプリケートコピーをディスクに格納する処理を簡単に示しています)。

  4. LDR サービスが、オブジェクトメタデータストアにメタデータを送信します。

  5. メタデータストアが、オブジェクトメタデータをディスクに保存します。

  6. メタデータストアが、他のストレージノードにオブジェクトメタデータのコピーを伝播します。これらのコピーはディスクにも保存されます。

  7. LDR サービスからクライアントに、オブジェクトが取り込まれたことを確認する「 HTTP 200 OK 」の応答が返されます。