日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

イベントを監視する

寄稿者

グリッドノードによって検出されたイベントを監視できます。これには、 syslog サーバに記録されたイベントを追跡するために作成したカスタムイベントも含まれます。グリッドマネージャに表示される Last Event メッセージには、最新のイベントに関する詳細が表示されます。

イベント・メッセージは '/var/local/log/bycast-err.log ログ・ファイルにも一覧表示されますを参照してください ログファイル参照

SMTT ( Total events )アラームは、ネットワークの問題、電源の停止、アップグレードなどの問題によって繰り返しトリガーされることがあります。このセクションでは、イベントを調査する方法について説明します。これにより、これらのアラームが発生した理由をより詳しく理解できます。既知の問題 が原因でイベントが発生した場合、イベントカウンタをリセットしても安全です。

手順
  1. 各グリッドノードのシステムイベントを確認します。

    1. サポート * > * ツール * > * グリッドトポロジ * を選択します。

    2. [site *>] > [*_grid node>] > * ssm * > * Events * > * Overview * > * Main * の順に選択します。

  2. 以前のイベントメッセージのリストを生成して、過去に発生した問題を特定します。

    1. サポート * > * ツール * > * グリッドトポロジ * を選択します。

    2. [site *>] > [*_grid node] > * ssm * > * Events * > * Reports * ] を選択します。

    3. 「 * テキスト * 」を選択します。

      • Last Event * 属性はには表示されません グラフビュー。表示するには:

    4. 属性 * を * 最後のイベント * に変更します。

    5. 必要に応じて、 * クイッククエリ * の期間を選択します。

    6. 「 * Update * 」を選択します。

      [ イベント ] ページ

カスタム syslog イベントを作成する

カスタムイベントでは、カーネル、デーモン、エラーとクリティカルのレベルのユーザイベントなど、 syslog サーバに記録されるすべてのイベントを追跡できます。カスタムイベントは、システムログメッセージ(ネットワークセキュリティイベントやハードウェア障害)の発生を監視するのに役立ちます。

繰り返し発生する問題については、カスタムイベントの作成を検討してください。カスタムイベントを使用する際は、次の点を考慮する必要があり

  • カスタムイベントが作成されると、該当するイベントが発生するたびに監視されます。

  • /var/local/log/messages' ファイルのキーワードに基づいてカスタムイベントを作成するには ' これらのファイルのログが次のようになっている必要があります

    • カーネルによって生成されます

    • デーモンまたはユーザプログラムによってエラーまたはクリティカルのレベルで生成されます

  • 注意 :*/var/local/log/messages' ファイル内のすべてのエントリが上記の要件を満たしていない限り一致しない。

手順
  1. support>* Alarms (レガシー) > Custom events * を選択します。

  2. [ 編集( Edit ) ] をクリックします。 鉛筆のアイコン (または * Insert * ) プラスアイコン 最初のイベントではない場合)をクリックします。

  3. shutdown などのカスタムイベント文字列を入力します

    カスタムイベントの文字列の入力場所を示すスクリーンショット
  4. 「 * 変更を適用する * 」を選択します。

  5. サポート * > * ツール * > * グリッドトポロジ * を選択します。

  6. grid node>* ssm*>* Events * を選択します。

  7. Events テーブルで Custom Events のエントリを探し、 * Count * の値を監視します。

    カウントが増えていれば、そのグリッドノードで監視しているカスタムイベントがトリガーされています。

    SSM のイベントの概要ページを参照してください

カスタムイベントのカウントを 0 にリセットします

カスタムイベントのカウンタのみをリセットする場合は、のサポートメニューのグリッドトポロジページを使用する必要があります。

カウンタをリセットすると、次のイベントによってアラームがトリガーされます。一方、アラームを確認した場合は、次のしきい値レベルに達したときにのみアラームが再度トリガーされます。

  1. サポート * > * ツール * > * グリッドトポロジ * を選択します。

  2. * grid node* > * ssm * > * Events * > * Configuration * > * Main * を選択します。

  3. カスタムイベントの * リセット * チェックボックスをオンにします。

    SSM のスクリーンショット > Events > Configuration > Main
  4. 「 * 変更を適用する * 」を選択します。