日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

検索統合用の XML を設定します

寄稿者

検索統合サービスは、「 <MetadataNotificationConfiguration> 」タグおよび「 </MetadataNotificationConfiguration> 」タグに含まれる一連のルールを使用して構成されます。各ルールは、ルール環境 で指定されたオブジェクト、および StorageGRID からそのオブジェクトのメタデータを送信するデスティネーションを指定します。

オブジェクトはオブジェクト名のプレフィックスでフィルタリングできます。たとえば、プレフィックスが「 images 」であるオブジェクトのメタデータをあるデスティネーションに送信し、プレフィックスが「 videos 」であるオブジェクトのメタデータを別のデスティネーションに送信できます。プレフィックスが重複している設定は無効で、送信時に拒否されます。たとえば、プレフィックスが「 test 」のオブジェクト用のルールとプレフィックスが「 test2 」のオブジェクト用のルールを含む設定は許可されません。

デスティネーションは、検索統合サービス用に作成された StorageGRID エンドポイントの URN を使用して指定する必要があります。これらのエンドポイントは、 Elasticsearch クラスタ上に定義されているインデックスとタイプを参照します。

<MetadataNotificationConfiguration>
    <Rule>
        <ID>Rule-1</ID>
        <Status>rule-status</Status>
        <Prefix>key-prefix</Prefix>
        <Destination>
           <Urn>arn:aws:es:region:account-ID:domain/mydomain/myindex/mytype</Urn>
        </Destination>
    </Rule>
    <Rule>
        <ID>Rule-2</ID>
         ...
    </Rule>
     ...
</MetadataNotificationConfiguration>

次の表に、メタデータ通知設定 XML の要素を示します。

名前 説明 必須

MetadataNotificationConfiguration のページです

メタデータ通知でオブジェクトとデスティネーションの指定に使用されるルール用のコンテナタグ。

1 つ以上の Rule 要素を含みます。

はい。

ルール

指定したインデックスにメタデータを追加する必要があるオブジェクトを特定するルール用のコンテナタグ。

プレフィックスが重複しているルールは拒否されます。

MetadataNotificationConfiguration 要素に含まれています。

はい。

ID

ルールの一意の識別子。

Rule 要素に含まれています。

いいえ

ステータス

Status には「 Enabled 」または「 Disabled 」を指定できます。無効になっているルールについては操作が実行されません。

Rule 要素に含まれています。

はい。

プレフィックス

プレフィックスと一致するオブジェクトにルールが適用され、そのメタデータが指定したデスティネーションに送信されます。

すべてのオブジェクトを照合するには、空のプレフィックスを指定します。

Rule 要素に含まれています。

はい。

宛先

ルールのデスティネーションのコンテナタグ。

Rule 要素に含まれています。

はい。

URN

オブジェクトメタデータが送信されるデスティネーションの URN 。次のプロパティを持つ StorageGRID エンドポイントの URN を指定する必要があります。

  • 「 es 」は 3 番目の要素である必要があります。

  • URN の末尾に、メタデータが格納されるインデックスとタイプを、「 domain-name/myindex/mytype 」の形式で指定する必要があります。

エンドポイントは、 Tenant Manager またはテナント管理 API を使用して設定します。形式は次のとおりです。

  • arn : aws : es : region : account-ID : domain/mydomain/myindex/mytype

  • urn:mysite:es::mydomain/myindex/mytype

エンドポイントは設定 XML を送信する前に設定する必要があります。そうしないと、 404 エラーで設定が失敗します。

Urn は Destination 要素に含まれています。

はい。

サンプルのメタデータ通知設定 XML を使用して、独自の XML を作成する方法を確認できます。

メタデータ通知設定:環境 のすべてのオブジェクトを対象にした設定です

この例では、すべてのオブジェクトのオブジェクトメタデータが同じデスティネーションに送信されます。

<MetadataNotificationConfiguration>
    <Rule>
        <ID>Rule-1</ID>
        <Status>Enabled</Status>
        <Prefix></Prefix>
        <Destination>
           <Urn>urn:myes:es:::sgws-notifications/test1/all</Urn>
        </Destination>
    </Rule>
</MetadataNotificationConfiguration>

2 つのルールを含むメタデータ通知設定

この例では、プレフィックス「 /images 」に一致するオブジェクトのオブジェクトメタデータは 1 つのデスティネーションに送信され、プレフィックス「 /videos 」に一致するオブジェクトのオブジェクトメタデータは 2 つ目のデスティネーションに送信されます。

<MetadataNotificationConfiguration>
    <Rule>
        <ID>Images-rule</ID>
        <Status>Enabled</Status>
        <Prefix>/images</Prefix>
        <Destination>
           <Urn>arn:aws:es:us-east-1:3333333:domain/es-domain/graphics/imagetype</Urn>
        </Destination>
    </Rule>
    <Rule>
        <ID>Videos-rule</ID>
        <Status>Enabled</Status>
        <Prefix>/videos</Prefix>
        <Destination>
           <Urn>arn:aws:es:us-west-1:22222222:domain/es-domain/graphics/videotype</Urn>
        </Destination>
    </Rule>
</MetadataNotificationConfiguration>