日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Grid Manager からグリッドノードをリブートします

寄稿者

Grid Manager からグリッドノードをリブートすると、ターゲットノードで「 reboot 」コマンドが実行されます。

必要なもの
  • を使用して Grid Manager にサインインします サポートされている Web ブラウザ

  • Maintenance または Root アクセス権限が必要です。

  • プロビジョニングパスフレーズを用意します。

手順
  1. [* nodes (ノード) ] を選択します

  2. リブートするグリッドノードを選択します。

  3. [* タスク * ( Tasks * ) ] タブを選択します。

    ノード > タスク > リブートボタン
  4. [Reboot] を選択します。

    確認のダイアログボックスが表示されます。

    ノード > タスク > リブートボタン
    注記 プライマリ管理ノードをリブートすると、サービスの停止中はブラウザと Grid Manager の接続が一時的に失われることを知らせる確認ダイアログボックスが表示されます。
  5. プロビジョニングパスフレーズを入力し、 * OK * をクリックします。

  6. ノードがリブートするまで待ちます。

    サービスがシャットダウンするまでに時間がかかる場合があります。

    ノードのリブート中は、ノード * ページの左側にグレーのアイコン( Administratively Down )が表示されます。すべてのサービスが再び開始されてノードが正常にグリッドに接続されると、「ノード * 」ページには正常なステータスが表示され(ノード名の左側にアイコンが表示されない)、アラートがアクティブではないこと、およびノードがグリッドに接続されていることが示されます。