日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Swift API 処理に対するエラー応答

寄稿者

エラー応答について理解しておくと、処理をトラブルシューティングする際に役立ちます。

処理中にエラーが発生した場合に返される HTTP ステータスコードを次に示します。

Swift エラーの名前 HTTP ステータス

AccountNameTooLong 、 ContainerNameTooLong 、 HeaderTooBig 、 InvalidContainerName 、 InvalidRequest 、 InvalidURI 、 MetadataNameTooLong 、 MetadataValueTooBig 、 MissingSecurityHeader 、 ObjectNameTooLong 、 TooManyContainers 、 TooManyMetadataItems 、 TotalMetadataTooLarge

400 不正な要求です

アクセスが拒否されました

403 禁止

ContainerNotEmpty 、 ContainerAlreadyExists です

409 競合

内部エラー

500 Internal Server Error (内部サーバエラー)

InvalidRange :無効な範囲

416 リクエストされた範囲が適合しません

MethodNotAllowed のように入力します

405 メソッドは許可されていません

MissingContentLength ( MissingContentLength )

411 長さが必要です

NOTFOUND

404 が見つかりません

実装なし

501 は実装されていません

PreconditionalFailed

412 事前条件が失敗しました

resourceNotFound です

404 が見つかりません

権限がありません

401 認証なし

UnprocessableEntity の場合

422 加工不能エンティティ