日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

管理プロキシを設定します

寄稿者

HTTP または HTTPS を使用して AutoSupport メッセージを送信する場合(を参照) AutoSupport を設定します)を使用して、管理ノードとテクニカルサポート( AutoSupport )の間に非透過型プロキシサーバを設定できます。

必要なもの

設定できる管理プロキシは 1 つです。

手順
  1. [ * 設定 * > * セキュリティ * > * プロキシ設定 * ] を選択します。

    Admin Proxy Settings ページが表示されます。デフォルトでは、サイドバーメニューで「 * Storage * 」が選択されています。

  2. サイドバーのメニューから、 Admin を選択します。

    プロキシ設定メニュー - 管理
  3. [ 管理プロキシを有効にする *] チェックボックスをオンにします。

    管理プロキシ設定ダイアログボックスのスクリーンショット
  4. プロキシサーバのホスト名または IP アドレスを入力します。

  5. プロキシサーバへの接続に使用するポートを入力します。

  6. 必要に応じて、プロキシユーザ名を入力します。

    プロキシサーバでユーザ名が不要な場合は、このフィールドを空白のままにします。

  7. 必要に応じて、プロキシパスワードを入力します。

    プロキシサーバでパスワードが不要な場合は、このフィールドを空白のままにします。

  8. [ 保存( Save ) ] を選択します。

    管理プロキシが保存されると、管理ノードとテクニカルサポートの間にプロキシサーバが設定されます。

    注記 プロキシの変更が有効になるまでに最大 10 分かかることがあります。
  9. プロキシを無効にする必要がある場合は、 * 管理者プロキシを有効にする * チェックボックスの選択を解除し、 * 保存 * を選択します。