日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アップグレードワークフロー

寄稿者

アップグレードを開始する前に、一般的なワークフローを確認してください。StorageGRID アップグレードページの指示に従って、各アップグレード手順を実行します。

ソフトウェアアップグレード手順のフローチャート
  1. Linux ホストに StorageGRID ノードが導入されている場合は、 RPM パッケージまたは DEB パッケージを各ホストにインストールします アップグレードを開始する前に、

  2. プライマリ管理ノードから StorageGRID のアップグレードページにアクセスし、アップグレードファイルをアップロードします。

  3. 必要に応じて、アップグレードの事前確認を実行し、実際のアップグレードを開始する前に問題を検出して解決します。

  4. アップグレードを開始します。これにより、プライマリ管理ノードの事前確認が実行され、自動的にアップグレードされます。プライマリ管理ノードのアップグレード中は Grid Manager にアクセスできません。監査ログも使用できなくなります。このアップグレードには最大 30 分かかることがあります。

  5. プライマリ管理ノードがアップグレードされたら、 Web ブラウザのキャッシュをクリアして再度サインインし、 StorageGRID のアップグレードページに戻ります。

  6. 新しいリカバリパッケージをダウンロードします。

  7. グリッドノードを承認します。個々のグリッドノード、グリッドノードのグループ、またはすべてのグリッドノードを承認できます。

    重要 グリッドノードを停止およびリブートして問題ないことを確認するまでは、そのノードのアップグレードを承認しないでください。
  8. 運用を再開すべてのグリッドノードをアップグレードすると新しい機能が有効になり、運用を再開できます。手順 の運用停止または拡張は、バックグラウンド * アップグレード・データベース * タスクと * 最終アップグレード・ステップ * タスクが完了するまで待つ必要があります。

  9. アップグレードが完了したら、ソフトウェアのバージョンを確認し、ホットフィックスを適用します。