日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ケーブルアプライアンス( SG5600 )

SAS インターコネクトケーブルを使用して、 2 台のコントローラを相互に接続し、管理ポートを適切な管理ネットワークに接続して、 E5600SG コントローラの 10GbE ポートを StorageGRID のグリッドネットワークとオプションのクライアントネットワークに接続する必要があります。

必要なもの
  • 管理ポートを接続するためのイーサネットケーブルを用意しておきます。

  • 4 つの 10GbE ポートを接続するための光ケーブルを用意しておきます(アプライアンスには付属していません)。

注意 * レーザー被ばくの危険性 * — SFP トランシーバを分解したり部品を取り外したりしないでください。レーザー被ばくのおそれがあります。

ケーブルを接続するときは、次の図を参照してください。上の E2700 コントローラと下の E5600SG コントローラが示されています。この図は SG5660 モデルを示しています。 SG5612 モデルのコントローラは、スタックされずに並列に配置されています。

ケーブル配線図
項目 ポート ポートのタイプ 機能

1.

E2700 コントローラの管理ポート 1

1Gb ( RJ-45 )イーサネット

E2700 コントローラを、 SANtricity Storage Manager がインストールされているネットワークに接続します。

2.

E2700 コントローラの管理ポート 2

1Gb ( RJ-45 )イーサネット

設置時に E2700 コントローラをサービスラップトップに接続します。

3.

各コントローラの 2 つの SAS インターコネクトポート、 Ch 1 および Ch 2

E2700 コントローラ: Mini-SAS - HD

E5600SG コントローラ: Mini-SAS

2 台のコントローラを相互に接続します。

4.

E5600SG コントローラの管理ポート 1

1Gb ( RJ-45 )イーサネット

E5600SG コントローラを StorageGRID の管理ネットワークに接続します。

5.

E5600SG コントローラの管理ポート 2

1Gb ( RJ-45 )イーサネット

  • 管理ネットワークへの冗長接続が必要な場合は、管理ポート 1 とボンディングできます。

  • 一時的なローカルアクセス用( IP 169.254.0.1 )に空けておくことができます。

  • DHCP によって割り当てられた IP アドレスを使用できない場合、インストール時に E5600SG コントローラをサービスラップトップに接続するために使用できます。

6.

E5600SG コントローラの 4 つのネットワークポート

10GbE (光ファイバ)

E5600SG コントローラを StorageGRID のグリッドネットワークとクライアントネットワーク(使用している場合)に接続します。ポートをボンディングしてコントローラへの冗長パスを構成できます。

手順
  1. 2 本の SAS インターコネクトケーブルを使用して、 E2700 コントローラを E5600SG コントローラに接続します。

    接続するポート 接続先のポート

    E2700 コントローラの SAS インターコネクトポート 1 ( Ch 1

    E5600SG コントローラの SAS インターコネクトポート 1 ( Ch 1

    E2700 コントローラの SAS インターコネクトポート 2 ( Ch 2

    E5600SG コントローラの SAS インターコネクトポート 2 ( Ch 2

    E2700 コントローラには四角形のコネクタ( Mini-SAS HD )を使用し、 E5600SG コントローラには長方形のコネクタ( Mini-SAS )を使用します。

    重要 SAS コネクタのプルタブを下にし、各コネクタをカチッと音がして所定の位置に収まるまで慎重に挿入します。抵抗がある場合は、コネクタを押さないでください。プルタブの位置を確認してから続行してください。
  2. イーサネットケーブルを使用して、 SANtricity Storage Manager ソフトウェアがインストールされている管理ネットワークに E2700 コントローラを接続します。

    接続するポート 接続先のポート

    E2700 コントローラのポート 1 (左側の RJ-45 ポート)

    SANtricity Storage Manager に使用する管理ネットワークのスイッチポートを指定します

    E2700 コントローラのポート 2

    DHCP を使用していない場合は、サービスラップトップを使用します

  3. StorageGRID で管理ネットワークを使用する場合は、イーサネットケーブルを使用して E5600SG コントローラを接続します。

    接続するポート 接続先のポート

    E5600SG コントローラのポート 1 (左側の RJ-45 ポート)

    StorageGRID の管理ネットワークのスイッチポート

    E5600SG コントローラのポート 2

    DHCP を使用していない場合は、サービスラップトップを使用します

  4. E5600SG コントローラの 10GbE ポートを、光ケーブルと SFP+ トランシーバを使用して適切なネットワークスイッチに接続します。

    • 固定ポートボンディングモード(デフォルト)を使用する場合は、次の表のように各ポートを StorageGRID のグリッドネットワークまたはクライアントネットワークに接続します。

      ポート 接続先

      ポート 1

      クライアントネットワーク(オプション)

      ポート 2

      Grid ネットワーク

      ポート 3

      クライアントネットワーク(オプション)

      ポート 4.

      Grid ネットワーク

    • アグリゲートポートボンディングモードを使用する場合は、 1 つ以上のネットワークポートを 1 つ以上のスイッチに接続します。単一点障害を回避するために、 4 つのポートのうち少なくとも 2 つを接続する必要があります。1 つの LACP ボンドに複数のスイッチを使用する場合は、スイッチが MLAG または同等の機能をサポートしている必要があります。