日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

システム監査メッセージ

寄稿者

システム監査カテゴリに属する監査メッセージについて十分に理解しておく必要があります。潜在的な問題に対処できるよう、監査システム自体、グリッドノードの状態、システム全体のタスクアクティビティ(グリッドタスク)、およびサービスバックアップ処理に関連するイベントについて生成されます。

コード メッセージのタイトルと概要 を参照してください

ECMC

Missing Erasure Coded Data Fragment :イレイジャーコーディングされたデータフラグメントの欠落が検出されたことを示します。

ECOC

Corrupt Erasure Coded Data Fragment :イレイジャーコーディングされたデータフラグメントの破損が検出されたことを示します。

ETAF

Security Authentication Failed : Transport Layer Security ( TLS )を使用した接続試行が失敗しました。

GNRG

GNDS Registration :サービスが StorageGRID システムに自身に関する情報を更新または登録しました。

GNUR

GNDS Unregistration :サービスが StorageGRID システムから自身の登録を解除しました。

GTED

Grid Task Ended : CMN サービスがグリッドタスクの処理を完了しました。

GTSt

Grid Task Started : CMN サービスがグリッドタスクの処理を開始しました。

GTSU

Grid Task Submitted :グリッドタスクが CMN サービスに送信されました。

IDEL

ILM Initiated Delete :この監査メッセージは、 ILM がオブジェクトを削除する処理を開始すると生成されます。

LCU

上書きされたオブジェクトのクリーンアップ。この監査メッセージは、ストレージスペースを解放するために上書きされたオブジェクトが自動的に削除されたときに生成されます。

LLST

Location Lost :この監査メッセージは、場所が失われたときに生成されます。

OLST

Object Lost :要求されたオブジェクトが StorageGRID システム内に見つかりません。

ORLM の場合

Object Rules Met :オブジェクトデータが ILM ルールに沿って格納されました。

サッド

Security Audit Disable :監査メッセージのロギングがオフになりました。

Sade 社

Security Audit Enable :監査メッセージのロギングが再開されました。

SVRF

Object Store Verify Fail :コンテンツブロックが検証チェックに失敗しました。

SVRU の場合

Object Store Verify Unknown :オブジェクトストアで想定外のオブジェクトデータが検出されました。

SYSD

Node Stop :シャットダウンが要求されました。

SYST

Node Stopping :サービスが正常な停止を開始しました。

SYSU

Node Start :サービスが開始されました。前回のシャットダウンのタイプがメッセージに示されます。

VLST

ユーザーが開始したボリュームが失われました : /proc/CMSI/Volume_lost コマンドが実行されました