日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アプライアンスのネットワーク接続を確認する( SG5700 )

寄稿者

StorageGRID アプライアンスを設置する前に、アプライアンスに接続できるネットワークを確認し、各コントローラのポートがどのように使用されるかを把握する必要があります。

StorageGRID アプライアンスのネットワーク

StorageGRID アプライアンスを StorageGRID グリッドのストレージノードとして導入する場合は、次のネットワークに接続できます。

  • * StorageGRID のグリッドネットワーク * :グリッドネットワークは、すべての内部 StorageGRID トラフィックに使用されます。このネットワークによって、グリッド内のすべてのノードが、すべてのサイトおよびサブネットにわたって相互に接続されます。グリッドネットワークは必須です。

  • * StorageGRID の管理ネットワーク * :管理ネットワークは、システムの管理とメンテナンスに使用するクローズドネットワークです。管理ネットワークは通常はプライベートネットワークであり、サイト間でルーティング可能にする必要はありません。管理ネットワークはオプションです。

  • * StorageGRID のクライアントネットワーク: * クライアントネットワークは、 S3 や Swift などのクライアントアプリケーションへのアクセスを可能にするオープンネットワークです。クライアントネットワークはグリッドへのクライアントプロトコルアクセスを提供するため、グリッドネットワークを分離してセキュリティを確保できます。クライアントネットワークはオプションです。

  • * SANtricity System Manager 用管理ネットワーク * (オプション):このネットワークは E2800 コントローラ上の SANtricity System Manager へのアクセスを提供することで、アプライアンス内のハードウェアコンポーネントの監視と管理を可能にします。この管理ネットワークは、 StorageGRID の管理ネットワークと同じにすることも、独立した管理ネットワークにすることもできます。

    オプションの SANtricity System Manager ネットワークが接続されていないと、 SANtricity の一部の機能を使用できない場合があります。

注記 StorageGRID ネットワークの詳細については、 _ グリッド入門 _ を参照してください。

StorageGRID アプライアンスの接続

StorageGRID アプライアンスを設置するときは、 2 台のコントローラを相互に接続するとともに、必要なネットワークに接続する必要があります。この図では、 SG5760 の 2 台のコントローラと、 E2800 コントローラを上部に、 E5700SG コントローラを下部に示しています。SG5712 では、 E2800 コントローラは E5700SG コントローラの左側にあります。

SG5760 アプライアンスでの接続
ポート ポートのタイプ 機能

1.

各コントローラの 2 つのインターコネクトポート

16Gb/s FC 光ファイバ SFP+

2 台のコントローラを相互に接続します。

2.

E2800 コントローラの管理ポート 1

1GbE ( RJ-45 )

SANtricity System Manager にアクセスするネットワークに接続します。StorageGRID の管理ネットワークまたは独立した管理ネットワークを使用できます。

2.

E2800 コントローラの管理ポート 2

1GbE ( RJ-45 )

テクニカルサポート専用です。

3.

E5700SG コントローラの管理ポート 1

1GbE ( RJ-45 )

E5700SG コントローラを StorageGRID の管理ネットワークに接続しています。

3.

E5700SG コントローラの管理ポート 2

1GbE ( RJ-45 )

  • 管理ネットワークへの冗長接続が必要な場合は、管理ポート 1 とボンディングできます。

  • 一時的なローカルアクセス用( IP 169.254.0.1 )に空けておくことができます。

  • DHCP によって割り当てられた IP アドレスを使用できない場合、設置時に E5700SG コントローラをサービスラップトップに接続するために使用できます。

4.

E5700SG コントローラの 10 / 25GbE ポート 1~4

10GbE または 25GbE

  • 注:アプライアンス付属の SFP+ トランシーバは、 10GbE のリンク速度をサポートしています。4 つのネットワークポートで 25GbE のリンク速度を使用する場合は、 SFP28 トランシーバを取り付ける必要があります。

StorageGRID のグリッドネットワークおよびクライアントネットワークに接続します。E5700SG コントローラでの 10 / 25GbE ポート接続を参照してください