日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

システムの機能を追加するには、グリッドノードを追加してください

寄稿者

既存のサイトに新しいグリッドノードを追加することで、 StorageGRID システムに冗長性を追加したり機能を追加したりできます。

たとえば、ゲートウェイノードのハイアベイラビリティグループの作成をサポートするゲートウェイノードを追加したり、ローカルノードを使用した監視を許可する管理ノードをリモートサイトに追加したりできます。

次のタイプの 1 つ以上のノードを、 1 回の拡張処理で 1 つ以上の既存のサイトに追加することができます。

  • 非プライマリ管理ノード

  • ストレージノード

  • ゲートウェイノード

  • アーカイブノード

グリッドノードを追加する場合は、次の制限事項に注意してください。

  • プライマリ管理ノードは最初のインストール時に導入されます。プライマリ管理ノードを拡張時に追加することはできません。

  • 同じ拡張内でストレージノードとその他のタイプのノードを追加できます。

  • ストレージノードを追加するときは、新しいノードの数と場所を慎重に計画する必要があります。を参照してください オブジェクト容量を追加する場合のガイドラインを次に示します

  • アーカイブノードを追加する場合は、 Tivoli Storage Manager ( TSM )ミドルウェア経由のテープのみが各アーカイブノードでサポートされます。

  • [ 信頼されていないクライアントネットワーク ] ページで [ 新しいノードのクライアントネットワークのデフォルト * ] オプションが [ 信頼されていない * ] に設定されている場合、クライアントネットワークを使用して拡張ノードに接続するクライアントアプリケーションは、ロードバランサエンドポイントポート( * 構成 * > * ネットワーク * > 信頼されていないクライアントネットワーク * )を使用して接続する必要の手順を参照してください StorageGRID の管理 新しいノードの設定を変更し、ロードバランサエンドポイントを設定する。