日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

StorageGRID プラットフォームサービスのサポート

寄稿者

StorageGRID プラットフォームサービスでは、 StorageGRID のテナントアカウントでリモート S3 バケット、 Simple Notification Service ( SNS )エンドポイント、 Elasticsearch クラスタなどの外部サービスを利用して、グリッドが提供するサービスを拡張できます。

次の表に、使用可能なプラットフォームサービスとその設定に使用する S3 API を示します。

プラットフォームサービス 目的 サービスの設定に使用する S3 API

CloudMirror レプリケーション

ソースの StorageGRID バケットから、設定したリモートの S3 バケットにオブジェクトをレプリケートします。

PUT Bucket replication

通知

ソースの StorageGRID バケットでのイベントに関する通知を、設定した Simple Notification Service ( SNS )エンドポイントに送信します。

PUT Bucket notification

検索統合

StorageGRID バケットに格納されているオブジェクトメタデータを、設定した Elasticsearch インデックスに送信します。

PUT Bucket metadata notification

  • 注: * これは StorageGRID のカスタム S3 API です。

グリッド管理者がテナントアカウントでプラットフォームサービスの使用を有効にするには、事前にプラットフォームサービスを使用できるようにする必要があります。その後、テナント管理者が、テナントアカウントのリモートサービスを表すエンドポイントを作成する必要があります。この手順は、サービスを設定する前に実行する必要があります。

プラットフォームサービスの使用に関する推奨事項

プラットフォームサービスを使用する前に、次の推奨事項を確認してください。

  • CloudMirror のレプリケーション、通知、検索統合を必要とする S3 要求ではアクティブなテナントが 100 個を超えないようにすることを推奨します。アクティブなテナントが 100 を超えると、 S3 クライアントのパフォーマンスが低下する可能性があります。

  • StorageGRID システムの S3 バケットで、バージョン管理と CloudMirror レプリケーションの両方が有効になっている場合は、デスティネーションエンドポイントでも S3 バケットのバージョン管理を有効にすることを推奨します。これにより、 CloudMirror レプリケーションでエンドポイントに同様のオブジェクトバージョンを生成できます。

  • ソースバケットで S3 オブジェクトのロックが有効になっている場合、 CloudMirror レプリケーションはサポートされません。

  • デスティネーションバケットでレガシー準拠が有効になっていると、 CloudMirror レプリケーションは AccessDenied エラーで失敗します。