日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アラートルールを無効化

寄稿者

デフォルトまたはカスタムのアラートルールの有効 / 無効の状態を変更できます。

必要なもの

アラートルールを無効にすると、ルールの式は評価されず、アラートはトリガーされません。

重要 通常は、デフォルトのアラートルールを無効にすることは推奨されません。アラートルールが無効になっている場合は、重大な処理を完了できなくなるまで、根本的な問題が検出されない可能性があります。
手順
  1. [* alerts] * > [* Rules] を選択します。

    [Alert Rules] ページが表示されます。

  2. 無効または有効にするアラートルールのラジオボタンを選択します。

  3. [ * ルールの編集 * ] を選択します。

    Edit Rule ダイアログボックスが表示されます。

  4. このアラートルールが現在有効になっているかどうかを確認するには、 [ 有効 *] チェックボックスをオンまたはオフにします。

    アラートルールを無効にすると、ルールの式は評価されず、アラートはトリガーされません。

    注記 現在のアラートのアラートルールを無効にした場合は、アラートがアクティブなアラートとして表示されなくなるまで数分待つ必要があります。
  5. [ 保存( Save ) ] を選択します。

    • 無効 * は、 * ステータス * 列に表示されます。