日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

導入環境に関する情報を収集します

寄稿者

グリッドノードを導入する前に、ネットワーク設定と VMware 環境に関する情報を収集する必要があります。

重要 一部のノードだけを先にインストールしてから、一部のノードだけをインストールするよりも、すべてのノードを 1 つのインストールする方が効率的です。

VMware の情報

導入環境にアクセスし、 VMware 環境に関する情報、グリッドネットワーク、管理ネットワーク、クライアントネットワーク用に作成されたネットワークに関する情報、およびストレージノードで使用する予定のストレージボリュームタイプに関する情報を収集する必要があります。

VMware 環境に関する次の情報を収集する必要があります。

  • 導入を完了するための適切な権限を持つ VMware vSphere アカウントのユーザ名とパスワード。

  • 各 StorageGRID グリッドノード仮想マシンのホスト、データストア、およびネットワーク設定に関する情報。

重要 VMware のライブ vMotion を使用すると仮想マシンのクロック時間が急に進むため、この機能はどのタイプのグリッドノードでもサポートされていません。まれにではありますが、クロック時間が不正確だとデータや設定の更新が失われることがあります。

グリッドネットワークの情報

StorageGRID グリッドネットワーク(必須)用に作成された VMware ネットワークに関する次の情報を収集する必要があります。

  • ネットワーク名。

  • DHCP を使用しない場合は、各グリッドノードのネットワークに関する必須の詳細情報( IP アドレス、ゲートウェイ、およびネットワークマスク)。

  • DHCP を使用しない場合は、グリッドネットワーク上のプライマリ管理ノードの IP アドレス。詳細については、「グリッドノードによるプライマリ管理ノードの検出」を参照してください。

管理ネットワークの情報

ノードがオプションの StorageGRID 管理ネットワークに接続される場合は、このネットワーク用に作成された VMware ネットワークに関する次の情報を収集する必要があります。

  • ネットワーク名。

  • 静的または DHCP のいずれかの IP アドレスの割り当てに使用する方法。

  • 静的 IP アドレスを使用する場合は、各グリッドノードのネットワークに関する必須の詳細情報( IP アドレス、ゲートウェイ、ネットワークマスク)。

  • 管理ネットワークの外部サブネットリスト( ESL )。

クライアントネットワークの情報

ノードがオプションの StorageGRID クライアントネットワークに接続される場合は、このネットワーク用に作成された VMware ネットワークに関する次の情報を収集する必要があります。

  • ネットワーク名。

  • 静的または DHCP のいずれかの IP アドレスの割り当てに使用する方法。

  • 静的 IP アドレスを使用する場合は、各グリッドノードのネットワークに関する必須の詳細情報( IP アドレス、ゲートウェイ、ネットワークマスク)。

追加のインターフェイスに関する情報

ノードのインストール後に、 vCenter で VM にトランクインターフェイスまたはアクセスインターフェイスを追加することもできます。たとえば、管理ノードまたはゲートウェイノードにトランクインターフェイスを追加して、 VLAN インターフェイスを使用して複数のアプリケーションまたはテナントに属するトラフィックを分離できます。または、ハイアベイラビリティ( HA )グループで使用するアクセスインターフェイスを追加することもできます。

追加したインターフェイスは、 VLAN インターフェイスのページおよび Grid Manager の HA グループのページに表示されます。

仮想ストレージノードのストレージボリューム

仮想マシンベースのストレージノードに関する次の情報を収集する必要があります。

  • 追加するストレージボリューム(ストレージ LUN )の数とサイズ。「ストレージとパフォーマンスの要件」を参照してください。

グリッドの設定情報

グリッドを設定するための情報を収集する必要があります。

  • Grid ライセンス

  • Network Time Protocol ( NTP ;ネットワークタイムプロトコル)サーバの IP アドレス

  • Domain Name System ( DNS ;ドメインネームシステム)サーバの IP アドレス