日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

コピー管理

寄稿者

オブジェクトデータは、アクティブな ILM ポリシーとその ILM ルールによって管理されます。ILM ルールは、レプリケートコピーまたはイレイジャーコーディングコピーを作成してオブジェクトデータを損失から保護します。

必要なオブジェクトコピーのタイプや場所は、オブジェクトのライフサイクルにおけるタイミングによって異なります。オブジェクトが必要に応じて配置されるように、 ILM ルールが定期的に評価されます。

オブジェクトデータは LDR サービスで管理されます。

コンテンツの保護:レプリケーション

ILM ルールのコンテンツ配置手順でオブジェクトデータのレプリケートコピーが必要とされている場合は、設定されたストレージプールを構成するストレージノードによってコピーが作成されてディスクに格納されます。

データフロー

レプリケーションの動作は LDR サービスの ILM エンジンで制御され、正しい数のコピーが正しい場所に正しい期間にわたって格納されます。

説明が付随しているプロセスを示す図
  1. ILM エンジンが、 ILM ルールで指定されたストレージプール内で最適なデスティネーション LDR サービスを ADC サービスに照会します。その後、レプリケーションを開始するコマンドをその LDR サービスに送信します。

  2. デスティネーション LDR サービスから、 ADC サービスを照会することで最適なソースの場所が特定されます。その後、レプリケーション要求をソース LDR サービスに送信します。

  3. ソース LDR サービスからデスティネーション LDR サービスにコピーが送信されます。

  4. デスティネーション LDR サービスから ILM エンジンに、オブジェクトデータが格納されたことが通知されます。

  5. ILM エンジンが、メタデータストアのオブジェクトの場所を示すメタデータを更新します。

コンテンツの保護:イレイジャーコーディング

オブジェクトデータのイレイジャーコーディングコピーを作成するように ILM ルールで規定されている場合は、オブジェクトデータが該当するイレイジャーコーディングスキームに基づいてデータとパリティのフラグメントに分割され、イレイジャーコーディングプロファイルに設定されたストレージノードにそれらのフラグメントが分散して格納されます。

データフロー

LDR サービスのコンポーネントである ILM エンジンは、イレイジャーコーディングを制御し、イレイジャーコーディングプロファイルを確実にオブジェクトデータに適用します。

イレイジャーコーディングのデータフロー
  1. ILM エンジンから、 ADC サービスを照会することでイレイジャーコーディング処理の実行に最も適した DDS サービスが特定され、そのサービスに「開始」要求を送信します。

  2. DDS サービスが、オブジェクトデータのイレイジャーコーディングを実行するように LDR に指示します。

  3. ソース LDR サービスから、イレイジャーコーディングの対象として選択された LDR サービスにコピーが送信されます。

  4. LDR サービスにより、オブジェクトデータが適切な数のパリティとデータのフラグメントに分割され、それらのフラグメントがイレイジャーコーディングプロファイルのストレージプールを構成するストレージノード(チャンクサービス)に分散されます。

  5. LDR サービスから ILM エンジンに、オブジェクトデータの配信が完了したことが通知されます。

  6. ILM エンジンが、メタデータストアのオブジェクトの場所を示すメタデータを更新します。

コンテンツの保護:クラウドストレージプール

ILM ルールのコンテンツ配置手順でオブジェクトデータのレプリケートコピーをクラウドストレージプールに格納するように要求されている場合は、クラウドストレージプール用に指定された外部の S3 バケットまたは Azure Blob Storage コンテナにオブジェクトデータが複製されます。

データフロー

LDR サービスのコンポーネントである ILM エンジンと、クラウドストレージプールへのオブジェクトの移動は Data Mover サービスによって制御されます。

クラウドストレージプールのデータフロー
  1. ILM エンジンが、クラウドストレージプールにレプリケートするための Data Mover サービスを選択します。

  2. Data Mover サービスが、オブジェクトデータをクラウドストレージプールに送信します。

  3. Data Mover サービスが、オブジェクトデータが格納されたことを ILM エンジンに通知します。

  4. ILM エンジンが、メタデータストアのオブジェクトの場所を示すメタデータを更新します。

コンテンツの保護:アーカイブ

アーカイブ処理は、 StorageGRID システムとクライアントの間の定義されたデータフローで構成されます。

オブジェクトデータのコピーをアーカイブするように ILM ポリシーで規定されている場合は、 LDR サービスのコンポーネントである ILM エンジンがアーカイブノードに要求を送信し、アーカイブノードがオブジェクトデータのコピーを対象のアーカイブストレージシステムに送信します。

説明が付随しているプロセスを示す図
  1. ILM エンジンが ARC サービスに要求を送信し、アーカイブメディアにコピーを格納するように指示します。

  2. ARC サービスから、 ADC サービスを照会することで最適なソースの場所が特定され、ソース LDR サービスに要求が送信されます。

  3. ARC サービスが、 LDR サービスからオブジェクトデータを読み出します。

  4. ARC サービスが、対象のアーカイブメディアにオブジェクトデータを送信します。

  5. アーカイブメディアから ARC サービスに、オブジェクトデータが格納されたことが通知されます。

  6. ARC サービスから ILM エンジンに、オブジェクトデータが格納されたことが通知されます。