日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ハイアベイラビリティグループのベストプラクティス

寄稿者

StorageGRID を FabricPool クラウド階層として接続する前に、 StorageGRID グリッドマネージャを使用してハイアベイラビリティ( HA )グループを設定する必要があります。

ハイアベイラビリティ( HA )グループとは何ですか。

FabricPool データの管理に常にロードバランササービスを使用できるようにするには、複数の管理ノードとゲートウェイノードのネットワークインターフェイスを 1 つのエンティティ(ハイアベイラビリティ( HA )グループと呼ばれます)にグループ化します。HA グループのアクティブノードで障害が発生した場合、グループ内の別のノードがワークロードの管理を続行できます。

各 HA グループは、関連付けられたノード上の共有サービスへの可用性の高いアクセスを提供します。たとえば、ゲートウェイノード上のインターフェイスのみ、または管理ノードとゲートウェイノードの両方で構成される HA グループは、共有のロードバランササービスへの可用性の高いアクセスを提供します。

HA グループを作成するには、次の一般的な手順を実行します。

  1. 1 つ以上の管理ノードまたはゲートウェイノードのネットワークインターフェイスを選択します。グリッドネットワークインターフェイス( eth0 )、クライアントネットワークインターフェイス( eth2 )、または VLAN インターフェイスを選択できます。

    重要 VLAN インターフェイスを使用して FabricPool トラフィックを分離する場合は、まずトランクインターフェイスと対応する VLAN をネットワーク管理者が設定する必要があります。各 VLAN は、数値 ID またはタグで識別されます。たとえば、ネットワークで FabricPool トラフィックに VLAN 100 を使用しているとします。
  2. グループに 1 つ以上の仮想 IP ( VIP )アドレスを割り当てます。FabricPool などのクライアントアプリケーションは、これらの VIP アドレスのいずれかを使用して StorageGRID に接続できます。

  3. プライマリインターフェイスとなるインターフェイスを 1 つ指定し、すべてのバックアップインターフェイスのプライオリティの順序を決定します。プライマリインターフェイスは、障害が発生しないかぎり、アクティブインターフェイスです。

HA グループに複数のインターフェイスが含まれている場合にプライマリインターフェイスで障害が発生すると、 VIP アドレスは優先順位に従って最初のバックアップインターフェイスに移動します。そのインターフェイスに障害が発生すると、 VIP アドレスは次のバックアップインターフェイスに移動します。このフェイルオーバープロセスにかかる時間は通常数秒です。クライアントアプリケーションへの影響はほとんどなく、通常の再試行で処理を続行できます。

障害が解決され、プライオリティの高いインターフェイスが再び使用可能になると、 VIP アドレスは、使用可能なプライオリティの高いインターフェイスに自動的に移動されます。

ハイアベイラビリティ( HA )グループのベストプラクティス

FabricPool 用の StorageGRID HA グループを作成する際のベストプラクティスは、次のワークロードによって異なります。

  • プライマリワークロードのデータで FabricPool を使用する場合は、データの取得の中断を回避するために、ロードバランシングノードを少なくとも 2 つ含む HA グループを作成する必要があります。

  • FabricPool の snapshot-only のボリューム階層化ポリシーまたは非プライマリのローカルのパフォーマンス階層(ディザスタリカバリ先や NetApp SnapMirror ® デスティネーションなど)を使用する予定の場合は、 1 つのノードだけで HA グループを設定できます。

ここでは、アクティブ / バックアップ HA の HA グループの設定(一方のノードがアクティブでもう一方のノードがバックアップ)について説明します。ただし、 DNS ラウンドロビンまたはアクティブ / アクティブ HA を使用することもできます。これらの他の HA 構成のメリットについては、を参照してください HA グループの設定オプション