日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

接続されているグリッドノードの運用を停止

寄稿者

グリッドに接続されているノードは、運用停止して完全に削除できます。

  • 要件とを理解しておく必要があります グリッドノードの運用停止に関する考慮事項

  • 必要な情報やデータ、機器をすべて揃えておく必要があります。

  • アクティブなデータ修復ジョブがないことを確認しておく必要があります。

  • グリッド内でストレージノードのリカバリが実行中でないことを確認しておく必要があります。実行中の場合は、リカバリの一環として実行される Cassandra の再構築が完了するまで待機する必要があります。そのあとで運用停止を続行できます。

  • ノード運用停止手順 が一時停止されていないかぎり、ノード運用停止手順 の実行中に他のメンテナンス手順が実行されないようにしておく必要があります。

  • プロビジョニングパスフレーズが必要です。

  • Grid ノードが接続されています。

  • 運用停止するノードの * 運用停止可能な * 列に、緑のチェックマークが表示されている必要があります。

  • すべてのグリッドノードが正常(緑)な状態である必要があります 緑のチェックマークアイコン。* Health * 列に次のいずれかのアイコンが表示された場合は、問題 を解決する必要があります。

    をクリックします。

    色( Color )

    重大度

    黄色の四角形のアイコン

    黄色

    注意

    薄いオレンジの菱形のアイコン

    薄いオレンジ

    マイナー

    濃いオレンジの菱形のアイコン

    濃いオレンジ

    メジャー( Major )

    赤の x 印のアイコン

    重要

  • 以前に切断されているストレージノードの運用を停止した場合は、データ修復ジョブがすべて正常に完了している。を参照してください データ修復ジョブを確認します

重要 この手順 で指示されるまでは、グリッドノードの仮想マシンやその他のリソースを削除しないでください。
  1. Decommission Nodes ページで、運用を停止するグリッドノードのチェックボックスを選択します。

  2. プロビジョニングパスフレーズを入力します。

    [ * 分解を開始 * ( Start Decommission * ) ] ボタンが有効になります。

  3. * 分解を開始 * をクリックします。

    確認のダイアログボックスが表示されます。

    運用停止の確認のダイアログボックスのスクリーンショット
  4. 選択したノードのリストを確認し、 * OK * をクリックします。

    ノードの運用停止手順 が開始され、各ノードの進捗状況が表示されます。手順 の実行中、グリッド設定の変更を反映するために新しいリカバリパッケージが生成されます。

    実行中のノードの運用停止のスクリーンショット
    重要 運用停止手順 の開始後は、ストレージノードをオフラインにしないでください。状態を変更すると、一部のコンテンツが他の場所にコピーされなくなる可能性があります。
  5. 新しいリカバリパッケージが利用可能になったら、リンクをクリックするか、 * maintenance * > * System * > * Recovery パッケージ * を選択して、リカバリパッケージのページにアクセスします。次に '.zip ファイルをダウンロードします

    の手順を参照してください リカバリパッケージをダウンロードしています

    注記 手順 の運用停止中に問題が発生した場合にグリッドをリカバリできるよう、できるだけ早くリカバリパッケージをダウンロードしてください。
  6. Decommission Nodes ページを定期的に監視して、選択したすべてのノードの運用が正常に停止されることを確認します。

    ストレージノードの運用停止には、数日から数週間かかることがあります。すべてのタスクが完了すると、成功メッセージとともにノード選択リストが再表示されます。

    運用停止が完了したことを示すスクリーンショット
  7. プラットフォームに応じた手順に従います。例:

    • * Linux * :インストール中に作成したノード構成ファイルを削除してボリュームの接続を解除できます。

    • vmware: vCenter の「 Delete from Disk 」オプションを使用して、仮想マシンを削除できます。また、仮想マシンに依存しないデータディスクを削除しなければならない場合もあります。

    • * StorageGRID アプライアンス * :アプライアンスノードは自動的に導入されていない状態に戻り、 StorageGRID アプライアンスインストーラにアクセスできます。アプライアンスの電源をオフにするか、別の StorageGRID システムに追加できます。

ノードの運用停止手順 が完了したら、次の手順を実行します。