Skip to main content
日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Azure NetApp Files バックエンドを設定します

共同作成者

Azure NetApp FilesはAstra Tridentのバックエンドとして設定できます。Azure NetApp Filesバックエンドを使用してNFSボリュームとSMBボリュームを接続できます。Astra Tridentでは、Azure Kubernetes Services(AKS)クラスタの管理対象IDを使用したクレデンシャル管理もサポートされます。

Azure NetApp Filesドライバの詳細

Astra Tridentは、次のAzure NetApp Filesストレージドライバを使用してクラスタと通信します。サポートされているアクセスモードは、ReadWriteOnce(RWO)、ReadOnlyMany(ROX)、ReadWriteMany(RWX)、ReadWriteOncePod(RWOP)です。

ドライバ プロトコル ボリュームモード サポートされているアクセスモード サポートされるファイルシステム

「 azure-NetApp-files 」と入力します

NFS
SMB

ファイルシステム

RWO、ROX、RWX、RWOP

nfssmb

考慮事項

  • Azure NetApp Files サービスでは、100GB未満のボリュームはサポートされません。容量の小さいボリュームが要求されると、Astra Tridentによって自動的に100GiBのボリュームが作成されます。

  • Astra Tridentは、Windowsノードで実行されているポッドにマウントされたSMBボリュームのみをサポート

AKSの管理対象ID

Astra Tridentのサポート "管理対象ID" (Azure Kubernetes Servicesクラスタの場合)。管理されたアイデンティティによって提供される合理的なクレデンシャル管理を利用するには、次のものが必要です。

  • AKSを使用して導入されるKubernetesクラスタ

  • AKS Kubernetesクラスタに設定された管理対象ID

  • Astra Tridentをインストール(以下を含む) cloudProvider 指定するには "Azure"

    Trident オペレータ

    Tridentオペレータを使用してAstra Tridentをインストールするには、 tridentorchestrator_cr.yaml をクリックして設定します cloudProvider 終了: "Azure"。例:

    apiVersion: trident.netapp.io/v1
    kind: TridentOrchestrator
    metadata:
      name: trident
    spec:
      debug: true
      namespace: trident
      imagePullPolicy: IfNotPresent
      cloudProvider: "Azure"
    Helm

    次の例は、Astra Tridentセットをインストールします。 cloudProvider 環境変数を使用してAzureに移行 $CP

    helm install trident trident-operator-23.10.0-custom.tgz --create-namespace --namespace <trident-namespace> --set cloudProvider=$CP
    <code>tridentctl</code>

    次の例は、Astra Tridentセットをインストールし、 cloudProvider フラグの対象 Azure

    tridentctl install --cloud-provider="Azure" -n trident