日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリュームをインポート

寄稿者

tridentctl import を使用して、既存のストレージボリュームを Kubernetes PV としてインポートできます。

概要と考慮事項

Astra Tridentにボリュームをインポートすると、次のことが可能になります。

  • アプリケーションをコンテナ化し、既存のデータセットを再利用する

  • 一時的なアプリケーションにはデータセットのクローンを使用

  • 障害が発生したKubernetesクラスタを再構築します

  • ディザスタリカバリ時にアプリケーションデータを移行

考慮事項

ボリュームをインポートする前に、次の考慮事項を確認してください。

  • Astra TridentでインポートできるのはRW(読み取り/書き込み)タイプのONTAPボリュームのみです。DP(データ保護)タイプのボリュームはSnapMirrorデスティネーションボリュームです。ボリュームをAstra Tridentにインポートする前に、ミラー関係を解除する必要があります。

  • アクティブな接続がないボリュームをインポートすることを推奨します。アクティブに使用されているボリュームをインポートするには、ボリュームのクローンを作成してからインポートを実行します。

    警告 Kubernetesは以前の接続を認識せず、アクティブなボリュームをポッドに簡単に接続できるため、これはブロックボリュームで特に重要です。その結果、データが破損する可能性があります。
  • でもね StorageClass PVCに対して指定する必要があります。Astra Tridentはインポート時にこのパラメータを使用しません。ストレージクラスは、ボリュームの作成時に、ストレージ特性に基づいて使用可能なプールから選択するために使用されます。ボリュームはすでに存在するため、インポート時にプールを選択する必要はありません。そのため、PVCで指定されたストレージクラスと一致しないバックエンドまたはプールにボリュームが存在してもインポートは失敗しません。

  • 既存のボリュームサイズはPVCで決定され、設定されます。ストレージドライバによってボリュームがインポートされると、 PV は ClaimRef を使用して PVC に作成されます。

    • 再利用ポリシーは、最初にににに設定されています retain PVにあります。Kubernetes が PVC と PV を正常にバインドすると、再利用ポリシーがストレージクラスの再利用ポリシーに合わせて更新されます。

    • ストレージクラスの再利用ポリシーがの場合 `delete`にすると、PVが削除されるとストレージボリュームが削除されます。

  • デフォルトでは、Astra TridentがPVCを管理し、バックエンドでFlexVolとLUNの名前を変更します。を渡すことができます --no-manage 管理対象外のボリュームをインポートするフラグ。を使用する場合 `--no-manage`Astra Tridentは、オブジェクトのライフサイクルを通じてPVCやPVに対して追加の処理を実行することはありません。PVが削除されてもストレージボリュームは削除されず、ボリュームのクローンやボリュームのサイズ変更などのその他の処理も無視されます。

    ヒント このオプションは、コンテナ化されたワークロードに Kubernetes を使用するが、 Kubernetes 以外でストレージボリュームのライフサイクルを管理する場合に便利です。
  • PVC と PV にアノテーションが追加されます。このアノテーションは、ボリュームがインポートされたこと、および PVC と PV が管理されていることを示す二重の目的を果たします。このアノテーションは変更または削除しないでください。

ボリュームをインポートします

を使用できます tridentctl import をクリックしてボリュームをインポートします。

手順
  1. Persistent Volume Claim(PVC;永続的ボリューム要求)ファイルを作成します(例: pvc.yaml)をクリックします。PVCファイルには、が含まれている必要があります namenamespaceaccessModes`および `storageClassName。必要に応じて、を指定できます unixPermissions 定義されています。

    最小仕様の例を次に示します。

    kind: PersistentVolumeClaim
    apiVersion: v1
    metadata:
      name: my_claim
      namespace: my_namespace
    spec:
      accessModes:
        - ReadWriteOnce
      storageClassName: my_storage_class
    警告 PV名やボリュームサイズなどの追加のパラメータは指定しないでください。これにより原因、インポートコマンドが失敗する可能性があります。
  2. を使用します tridentctl import コマンドを使用して、ボリュームを含むAstra Tridentバックエンドの名前と、ストレージ上のボリュームを一意に識別する名前(ONTAP FlexVol、Elementボリューム、Cloud Volumes Serviceパスなど)を指定します。。 -f PVCファイルへのパスを指定するには、引数が必要です。

    tridentctl import volume <backendName> <volumeName> -f <path-to-pvc-file>

サポートされているドライバについて、次のボリュームインポートの例を確認してください。

ONTAP NASおよびONTAP NAS FlexGroup

Astra Tridentでは、を使用したボリュームインポートがサポートされます ontap-nas および ontap-nas-flexgroup ドライバ。

注記
  • ontap-nas-economy ドライバでqtreeをインポートおよび管理できない。

  • ontap-nas および ontap-nas-flexgroup ドライバでボリューム名の重複が許可されていません。

「 ontap/nas 」ドライバで作成される各ボリュームは、 ONTAP クラスタ上の FlexVol です。「 ontap/nas 」ドライバを使用して FlexVol をインポートする方法は同じです。ONTAP クラスタにすでに存在する FlexVol は 'ONTAP-NAS’PVC としてインポートできます同様に、 FlexGroup ボリュームは「 ONTAP-NAS-flexgroup 」 PVC としてインポートできます。

ONTAP NASの例

次の例は、管理対象ボリュームと管理対象外ボリュームのインポートを示しています。

管理対象ボリューム

次の例は、という名前のボリュームをインポートします managed_volume という名前のバックエンドで ontap_nas

tridentctl import volume ontap_nas managed_volume -f <path-to-pvc-file>

+------------------------------------------+---------+---------------+----------+--------------------------------------+--------+---------+
|                   NAME                   |  SIZE   | STORAGE CLASS | PROTOCOL |             BACKEND UUID             | STATE  | MANAGED |
+------------------------------------------+---------+---------------+----------+--------------------------------------+--------+---------+
| pvc-bf5ad463-afbb-11e9-8d9f-5254004dfdb7 | 1.0 GiB | standard      | file     | c5a6f6a4-b052-423b-80d4-8fb491a14a22 | online | true    |
+------------------------------------------+---------+---------------+----------+--------------------------------------+--------+---------+
管理対象外のボリューム

を使用する場合 --no-manage 引数に指定します。Astra Tridentはボリュームの名前を変更しません。

次に、をインポートする例を示します unmanaged_volume をクリックします ontap_nas バックエンド:

tridentctl import volume nas_blog unmanaged_volume -f <path-to-pvc-file> --no-manage

+------------------------------------------+---------+---------------+----------+--------------------------------------+--------+---------+
|                   NAME                   |  SIZE   | STORAGE CLASS | PROTOCOL |             BACKEND UUID             | STATE  | MANAGED |
+------------------------------------------+---------+---------------+----------+--------------------------------------+--------+---------+
| pvc-df07d542-afbc-11e9-8d9f-5254004dfdb7 | 1.0 GiB | standard      | file     | c5a6f6a4-b052-423b-80d4-8fb491a14a22 | online | false   |
+------------------------------------------+---------+---------------+----------+--------------------------------------+--------+---------+

ONTAP SAN

Astra Tridentでは、を使用したボリュームインポートがサポートされます ontap-san ドライバ。を使用したボリュームインポートはサポートされていません ontap-san-economy ドライバ。

Astra Tridentでは、単一のLUNを含むONTAP SAN FlexVolをインポートできます。これはと同じです ontap-san ドライバ。FlexVol 内の各PVCおよびLUNにFlexVol を作成します。Astra TridentがFlexVolをインポートし、PVCの定義に関連付けます。

ONTAP SANの例

次の例は、管理対象ボリュームと管理対象外ボリュームのインポートを示しています。

管理対象ボリューム

管理対象ボリュームの場合、Astra TridentはFlexVolの名前をに変更します pvc-<uuid> およびFlexVol 内のLUNをからにフォーマットします lun0

次の例は、をインポートします ontap-san-managed にあるFlexVol ontap_san_default バックエンド:

tridentctl import volume ontapsan_san_default ontap-san-managed -f pvc-basic-import.yaml -n trident -d

+------------------------------------------+--------+---------------+----------+--------------------------------------+--------+---------+
|                   NAME                   |  SIZE  | STORAGE CLASS | PROTOCOL |             BACKEND UUID             | STATE  | MANAGED |
+------------------------------------------+--------+---------------+----------+--------------------------------------+--------+---------+
| pvc-d6ee4f54-4e40-4454-92fd-d00fc228d74a | 20 MiB | basic         | block    | cd394786-ddd5-4470-adc3-10c5ce4ca757 | online | true    |
+------------------------------------------+--------+---------------+----------+--------------------------------------+--------+---------+
管理対象外のボリューム

次に、をインポートする例を示します unmanaged_example_volume をクリックします ontap_san バックエンド:

tridentctl import volume -n trident san_blog unmanaged_example_volume -f pvc-import.yaml --no-manage
+------------------------------------------+---------+---------------+----------+--------------------------------------+--------+---------+
|                   NAME                   |  SIZE   | STORAGE CLASS | PROTOCOL |             BACKEND UUID             | STATE  | MANAGED |
+------------------------------------------+---------+---------------+----------+--------------------------------------+--------+---------+
| pvc-1fc999c9-ce8c-459c-82e4-ed4380a4b228 | 1.0 GiB | san-blog      | block    | e3275890-7d80-4af6-90cc-c7a0759f555a | online | false   |
+------------------------------------------+---------+---------------+----------+--------------------------------------+--------+---------+

次の例に示すように、KubernetesノードのIQNとIQNを共有するigroupにLUNをマッピングすると、エラーが表示されます。 LUN already mapped to initiator(s) in this group。ボリュームをインポートするには、イニシエータを削除するか、LUNのマッピングを解除する必要があります。

iqnおよびクラスタiqnにマッピングされたLUNのイメージ。

要素( Element )

Astra Tridentでは、を使用したNetApp ElementソフトウェアとNetApp HCIボリュームのインポートがサポートされます solidfire-san ドライバ。

注記 Element ドライバではボリューム名の重複がサポートされます。ただし、ボリューム名が重複している場合はAstra Tridentからエラーが返されます。回避策としてボリュームをクローニングし、一意のボリューム名を指定して、クローンボリュームをインポートします。
要素の例

次に、をインポートする例を示します element-managed バックエンドのボリューム element_default

tridentctl import volume element_default element-managed -f pvc-basic-import.yaml -n trident -d

+------------------------------------------+--------+---------------+----------+--------------------------------------+--------+---------+
|                   NAME                   |  SIZE  | STORAGE CLASS | PROTOCOL |             BACKEND UUID             | STATE  | MANAGED |
+------------------------------------------+--------+---------------+----------+--------------------------------------+--------+---------+
| pvc-970ce1ca-2096-4ecd-8545-ac7edc24a8fe | 10 GiB | basic-element | block    | d3ba047a-ea0b-43f9-9c42-e38e58301c49 | online | true    |
+------------------------------------------+--------+---------------+----------+--------------------------------------+--------+---------+

Google Cloud Platform の 1 つです

Astra Tridentでは、を使用したボリュームインポートがサポートされます gcp-cvs ドライバ。

注記 NetApp Cloud Volumes Serviceから作成されたボリュームをGoogle Cloud Platformにインポートするには、ボリュームパスでボリュームを特定します。ボリュームパスは、ボリュームのエクスポートパスののに続く部分です :/。たとえば、エクスポートパスがの場合などです 10.0.0.1:/adroit-jolly-swift、ボリュームのパスはです adroit-jolly-swift
Google Cloud Platformの例

次に、をインポートする例を示します gcp-cvs バックエンドのボリューム gcpcvs_YEppr を指定します adroit-jolly-swift

tridentctl import volume gcpcvs_YEppr adroit-jolly-swift -f <path-to-pvc-file> -n trident

+------------------------------------------+--------+---------------+----------+--------------------------------------+--------+---------+
|                   NAME                   |  SIZE  | STORAGE CLASS | PROTOCOL |             BACKEND UUID             | STATE  | MANAGED |
+------------------------------------------+--------+---------------+----------+--------------------------------------+--------+---------+
| pvc-a46ccab7-44aa-4433-94b1-e47fc8c0fa55 | 93 GiB | gcp-storage   | file     | e1a6e65b-299e-4568-ad05-4f0a105c888f | online | true    |
+------------------------------------------+--------+---------------+----------+--------------------------------------+--------+---------+

Azure NetApp Files の特長

Astra Tridentでは、を使用したボリュームインポートがサポートされます azure-netapp-files ドライバ。

注記 Azure NetApp Filesボリュームをインポートするには、ボリュームパスでボリュームを特定します。ボリュームパスは、ボリュームのエクスポートパスののに続く部分です :/。たとえば、マウントパスがの場合などです 10.0.0.2:/importvol1、ボリュームのパスはです importvol1
Azure NetApp Filesの例

次に、をインポートする例を示します azure-netapp-files バックエンドのボリューム azurenetappfiles_40517 を指定します importvol1

tridentctl import volume azurenetappfiles_40517 importvol1 -f <path-to-pvc-file> -n trident

+------------------------------------------+---------+---------------+----------+--------------------------------------+--------+---------+
|                   NAME                   |  SIZE   | STORAGE CLASS | PROTOCOL |             BACKEND UUID             | STATE  | MANAGED |
+------------------------------------------+---------+---------------+----------+--------------------------------------+--------+---------+
| pvc-0ee95d60-fd5c-448d-b505-b72901b3a4ab | 100 GiB | anf-storage   | file     | 1c01274f-d94b-44a3-98a3-04c953c9a51e | online | true    |
+------------------------------------------+---------+---------------+----------+--------------------------------------+--------+---------+