日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SMB 向けファイル分析をインストール

寄稿者 ciarm netapp-pcarriga netapp-barbe netapp-aherbin このページの PDF をダウンロード

File Analytics for SMB をインストールまたはアップグレードします。

SMB のシステム要件については、を参照してください "XCP SMB をインストールします"

  • 始める前に *

  • XCP SMB サービスを使用するには、 Linux マシンで NFS 用に XCP File Analytics を設定する必要があります。

  • Windows マシンで XCP File Analytics の構成を開始する前に、 Linux マシンで XCP サービスが実行されていることを確認します。

SMB 向けファイル分析の新規インストール

SMB 向けファイル分析の新規インストールを実行するには、次の手順を実行します。

手順
  1. "XCP .exe" ファイルを Windows`C:` ドライブにコピーします。このバイナリは、 tgz を解凍した後、 "/XCP /Windows" 内で入手できます。

  2. から XCP ライセンスファイルをダウンロードします "XCP サイト"

  3. C:\NetApp\XCP というフォルダを作成し、 XCP ライセンスをこの場所にコピーします。

  4. コマンドプロンプトで次のコマンドを使用して、 XCP ライセンスをアクティブにします。 xcp.exe activate

  5. 「 server.key 」と「 server.crt 」ファイルを「 /opt/NetApp/xFiles/XCP 」( XCP File Analytics が設定されている Linux ボックス)から「 C:\NetApp\XCP 」(オプション)にコピーします。 CA 証明書がある場合は、同じ名前と拡張子を持つこの場所に証明書を置きます。

  6. Windows CLI のコマンドプロンプトで、「 XCP configure 」を実行します。

  7. プロンプトが表示されたら、 XCP File Analytics サーバが設定されている Linux マシンの IP アドレスを入力します。

  8. プロンプトが表示されたら、 XCP Linux File Analytics 設定で入力したデータベースのパスワードを入力します。

  9. Linux マシンに移動し './configure.sh を実行します

  10. メインメニューで「 Option 4 (Update XCP Windows agent IP) 」を選択し、 Windows マシンの IP アドレスを指定します。

  11. Windows マシンに移動して、 XCP LISTEN を実行します。ここで XCP File Analytics for SMB が構成されています。サービスを継続的に実行するには、ウィンドウを開いた状態のままにします。

  12. Google Chrome ブラウザで File Analytics を起動し、ページを更新してください :`\https://<ip address of Linux>/XCP

  13. ダイアログ・ボックスが表示されたら '[OK] をクリックします新しいタブが開きます。ポップアップがブロックされている場合は、ブラウザで有効にしてください。URL のプライバシーポリシーを受け入れ、「 `S MB agent is ready to use 」というメッセージが表示されます。分析ページを更新してください

  14. XCP File Analytics GUI がホストされている元のタブに戻り、ページを更新します。これにより、エージェントカードの下に SMB エージェントが表示されます。

SMB 向けファイル分析のアップグレード

SMB 向けの既存の File Analytics をアップグレードするには、次の手順を実行します。

  1. File Analytics を実行する前に、 File Analytics が実行されている Linux サーバーもアップグレードされ、サービスが実行されていることを確認してください。

  2. Windows では、コマンドラインに「 CTRL-C 」と入力して、既存の XCP サービスを停止します。

  3. 「 XCP .exe 」を最新のバイナリに置き換えます。

  4. Linux マシンに移動し './configure.sh を実行します

  5. メインメニューで「 Option 4 (Update XCP Windows agent IP) 」を選択し、 Windows マシンの IP アドレスを指定します。

  6. Windows マシンに移動して、 XCP LISTEN を実行します。ここで XCP File Analytics for SMB が構成されています。サービスを継続的に実行するには、ウィンドウを開いた状態のままにします。

  7. Google Chrome ブラウザで File Analytics を起動し、ページを更新してください :`\https://<ip address of Linux>/XCP

  8. ダイアログ・ボックスが表示されたら '[OK] をクリックします新しいタブが開きます。ポップアップがブロックされている場合は、ブラウザで有効にしてください。URL のプライバシーポリシーを受け入れ、「 `S MB agent is ready to use 」というメッセージが表示されます。分析ページを更新してください

  9. XCP File Analytics GUI がホストされている元のタブに戻り、ページを更新します。これにより、エージェントカードの下に SMB エージェントが表示されます。