[ライセンス]ウィンドウ

ストレージ システムは、ソフトウェアが事前にインストールされた状態で納品されます。ストレージ システムを受け取ったあとでソフトウェア ライセンスを追加または削除する場合は、[ライセンス]ウィンドウを使用します。

注:System Managerでは、評価用ライセンスは監視されず、評価用ライセンスの期限が近づいても警告は表示されません。評価用ライセンスは、一定期間が経過すると失効する一時的なライセンスです。

コマンド ボタン

追加
[ライセンスの追加]ウィンドウを開きます。このウィンドウで、新しいソフトウェア ライセンスを追加できます。
削除
ソフトウェア ライセンス リストから選択したソフトウェア ライセンスを削除します。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。

[パッケージ]タブ

ストレージ システムにインストールされているライセンス パッケージに関する情報が表示されます。

パッケージ
ライセンス パッケージの名前が表示されます。
使用権のリスク
クラスタのライセンス使用権に関連する問題を原因とする、リスクのレベルを示します。使用権のリスク レベルは、高()、中()、なし()、不明()、ライセンスなし(-)のいずれかになります。
説明
クラスタのライセンス使用権に関連する問題を原因とする、リスクのレベルが表示されます。

ライセンス パッケージの詳細領域

ライセンス パッケージのリストの下の領域には、選択したライセンス パッケージに関する詳細情報が表示されます。この領域には、ライセンスがインストールされているクラスタまたはノードに関する情報、ライセンスのシリアル番号、前週の使用状況、ライセンスがインストールされているかどうか、ライセンスの有効期限、およびライセンスが旧ライセンスかどうかが表示されます。

[詳細]タブ

ストレージ システムにインストールされているライセンス パッケージに関する詳細情報が表示されます。

パッケージ
ライセンス パッケージの名前が表示されます。
クラスタ / ノード
ライセンス パッケージがインストールされているクラスタまたはノードが表示されます。
シリアル番号
クラスタまたはノードにインストールされているライセンス パッケージのシリアル番号が表示されます。
タイプ
ライセンス パッケージの種類として、次のいずれかが表示されます。
  • 一時:デモ期間中にのみ使用できる一時的なライセンスです。
  • マスター:クラスタ内のすべてのノードにインストールされているマスター ライセンスです。
  • ノード ロック:クラスタ内の1つのノードにインストールされているノード ロック ライセンスです。
  • 容量:
    • ONTAP Selectの場合、インスタンスで管理可能な総データ量を定義した容量ライセンスです。
    • FabricPoolの場合、接続されたサードパーティのストレージ(AWSなど)で管理可能なデータ量を定義した容量ライセンスです。
状態
ライセンス パッケージの状態として、次のいずれかが表示されます。
  • 評価:評価用ライセンスがインストールされています。
  • インストール済み:購入した有効なライセンスがインストールされています。
  • 警告:購入した有効なライセンスがインストールされていますが、最大容量に近づいています。
  • 適用:購入した有効なライセンスがインストールされていますが、有効期限を過ぎています。
  • ライセンスを待機中:ライセンスがインストールされていません。
レガシー
ライセンスが旧ライセンスかどうかが表示されます。
最大容量
  • ONTAP Selectの場合、ONTAP Selectインスタンスに接続できるストレージの最大容量が表示されます。
  • FabricPoolの場合、外部の階層化ストレージとして使用できるサードパーティのオブジェクト ストア ストレージの最大容量が表示されます。
現在の容量
  • ONTAP Selectの場合、ONTAP Selectインスタンスに現在接続されているストレージの総容量が表示されます。
  • FabricPoolの場合、外部の階層化ストレージとして現在使用されているサードパーティのオブジェクト ストア ストレージの総容量が表示されます。
有効期限
ソフトウェア ライセンス パッケージの有効期限が表示されます。