[保護]ウィンドウ

[保護]ウィンドウでは、ミラー関係、バックアップ関係、ミラーとバックアップ関係を作成および管理したり、それらの関係に関する詳細を表示したりできます。[保護]ウィンドウには、負荷共有(LS)関係および移行(TDP)関係は表示されません。

Infinite Volumeのミラー関係のネームスペース ミラーおよびコンスティチュエントは表示されません。

コマンド ボタン

作成
[保護関係の作成]ダイアログ ボックスが表示されます。このダイアログ ボックスで、デスティネーション ボリュームからのミラー関係、バックアップ関係、またはミラーとバックアップ関係を作成できます。

System Managerでは、ディザスタ リカバリ(DR)用に作成されたStorage Virtual Machine(SVM)[保護関係の作成]ダイアログ ボックスに表示されません。

編集
[保護関係の編集]ダイアログ ボックスが表示されます。このダイアログ ボックスで、関係のスケジュールとポリシーを編集できます。

バックアップ関係、ミラーとバックアップ関係、またはバージョンに依存しないミラー関係については、ポリシーのタイプを変更することで関係のタイプを変更することができます。

削除
関係の削除に使用できる[保護関係の削除]ダイアログ ボックスが表示されます。
操作
保護関係で実行できる操作が表示されます。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。

保護関係のリスト

ソースStorage Virtual Machine
関係におけるデータのミラー元またはバックアップ元のボリュームを含むSVMが表示されます。
ソース ボリューム
関係におけるデータのミラー元またはバックアップ元のボリュームが表示されます。
デスティネーション ボリューム
関係におけるデータのミラー先またはバックアップ先のボリュームが表示されます。
正常
関係が正常であるかどうかが表示されます。
関係の状態
関係の状態(SnapMirror済み、未初期化、切断など)が表示されます。
転送ステータス
関係のステータス(アイドル、転送中、中止中など)が表示されます。
関係のタイプ
ミラー、バックアップ、ミラーとバックアップなど、関係のタイプが表示されます。
遅延時間
現在の時刻と、デスティネーション ストレージ システムに転送された最後のSnapshotコピーのタイムスタンプとの差異が表示されます。遅延時間は、現在ソース システムにあるデータと、デスティネーション システムに格納された最新データとの時間差を示します。表示される値は、正または負です。デスティネーション システムのタイムゾーンがソース ストレージ システムのタイムゾーンよりも遅い場合、値は負になります。
ポリシー名
関係に割り当てられているポリシーの名前が表示されます。
ポリシーのタイプ
関係に割り当てられているポリシーのタイプが表示されます。ポリシーのタイプには、バックアップ、ミラー バックアップ、非同期ミラーがあります。

詳細領域

[詳細]タブ
選択した関係に関する、ソース クラスタとデスティネーション クラスタ、データ転送率、関係の状態、ネットワーク圧縮率、データ転送の状態、現在のデータ転送の種類、前回のデータ転送の種類、最新のSnapshotコピー、およびタイムスタンプなどの一般的な情報が表示されます。
[ポリシーの詳細]タブ
選択した保護関係に割り当てられているポリシーに関する詳細が表示されます。また、指定したラベルに一致するソース ボリュームのSnapMirrorラベルとSnapshotコピーのスケジュールも表示されます。
[Snapshotコピー]タブ
選択した保護関係のSnapshotコピー数とSnapMirrorラベル、および最新のSnapshotコピーのタイムスタンプが表示されます。