日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ストレージオブジェクトからパフォーマンスしきい値ポリシーを削除する

寄稿者

Unified Manager でパフォーマンスカウンタの値を監視する必要がなくなった場合は、ストレージオブジェクトからユーザ定義のパフォーマンスしきい値ポリシーを削除できます。

  • 必要なもの *

アプリケーション管理者のロールが必要です。

選択したオブジェクトから一度に削除できるポリシーは 1 つだけです。

リストから複数のオブジェクトを選択すると、複数のストレージオブジェクトからしきい値ポリシーを削除できます。

手順
  1. いずれかのストレージオブジェクトの * インベントリ * ページで、パフォーマンスしきい値ポリシーが少なくとも 1 つ適用されているオブジェクトを選択します。

    しきい値を消去する対象 手順

    単一のオブジェクト

    そのオブジェクトの左側にあるチェックボックスをオンにします。

    複数のオブジェクト

    各オブジェクトの左側にあるチェックボックスをオンにします。

    ページ上のすべてのオブジェクト

    をクリックします をクリックします。

  2. パフォーマンスしきい値ポリシーのクリア * をクリックします。

    しきい値ポリシーのクリアページが表示され、ストレージオブジェクトに現在割り当てられているしきい値ポリシーのリストが表示されます。

  3. オブジェクトから削除するしきい値ポリシーを選択し、 * ポリシーのクリア * をクリックします。

    しきい値ポリシーを選択するとそのポリシーの詳細が表示され、適切なポリシーを選択したことを確認できます。